MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報】

インフォメーション

題名 人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報
著者 北野 由佳理 
出版社 同文舘出版
出版日 2022年9月
価格 1980円(税込)

ひとり広報は孤独じゃない!
社長・社員・メディアをパートナーにしよう!

・自分の会社を知る
・広報の横の関係をつくる
・業界や他社のトレンドをつかむ
・社内の情報を集める
・メディアとの良好なリレーションを築く
・メディアへのアプローチ方法
・「つくる広報」をはじめよう

企業のステージや状況によって必要な広報活動はそれぞれ。
100社あれば100通りの正解がある!

【また会いたくなる広報になるための「ひとり広報」のお悩み解決本】

広報・メディアへのアンケートによる本音トーク&インタビュー掲載!

引用:同文舘出版

ポイント

  • 広報の仕事は「経営課題を解決し、ファンをつくること」だと思っている。

  • 広報において大切なことは、どんな場面でも「誠実である」ことだ。そして、「ひとり広報」においては、「自ら行動を起こし、行動し続けること」が大切になる。

  • メディアリレーションズをを築くうえで、メディアの方にとって 「また会いたくなる広報」になることが大事だ。

サマリー

さあ、広報の仕事をはじめよう!

広報の仕事は「経営課題を解決し、ファンをつくること」

著者は、2013年から4年間営業を行い、2017年4月に広報の仕事に就いた。

当時、社内に広報部は存在していなかったが、社長に「広報をやりたい」と話をし、ゼロから広報部を立ち上げることになった。

広報の仕事は「経営課題を解決し、ファンをつくること」だと思っている。

経営陣が目指す未来に対し、どのような広報活動で実現していくか、いわば終わりのないパズルのようだ。

経営陣が求める広報のゴールに対して、必要なピースを集めて、はめていく、そんな仕事だ。

しかし、ひとりで広報をしていると、悩みを共有できず、やっていることが正解なのか確認したいけどできないという、孤独な状況になることがある。

著者が、その孤独から抜け出せたと感じたのは、メディアの方とパートナーとなれたと感じたときだった。

ひとり広報において大切なこと

広報において大切なことは、どんな場面でも「誠実である」ことだ。

そして、「ひとり広報」においては、「自ら行動を起こし、行動し続けること」が大切になる


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次