MENU

ホーム

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【不良だった僕が福祉で働くワケ】

インフォメーション

題名 不良だった僕が福祉で働くワケ
著者 飯嶋進哉
出版社 あけび書房
出版日 2007年1月
価格 1,540円(税込)

小・中の頃は「不良」で「成績最悪」。その後、手話に出合い、福祉ボランティアの道に。24時間TV「愛は地球を救う」に手話通訳で出演など、活動にのめりこむ。
現在、特養ホーム介護支援専門員。「手話アーティスト」「手話のお兄さん」としても大活躍。これまでに400回を超える講演や手話コンサートで「人間にクズはない」「本当の生きがいとは」等を優しく語り続け、大きな感動を呼んでいる。新聞・テレビで話題の書!

引用:あけび書房

ポイント

  • 著者は、高校生になるまで「不良少年」というレッテルが貼られていた。そのような少年時代の中で出合ったのが福祉だった。

  • ボランティア活動をしていると、どうしても「押しつけの優しさ」で自己満足してしまうことがある。なかなか難しいが、会話をすることを大切にして、相手が求めている「必要な優しさ」を考えて行動することを心掛けている。

  • 著者は、誰に対しても同じ視線を持ち続けたいと思っている。当たり前の権利を当たり前に受けるための1つの手段として「福祉」は必要だと思う。

サマリー

はじめに

「福祉」とは何だろう?

一般的な本では『広辞苑によると、「福祉」とは‥‥である』と説明がある。

しかし、著者はあえてそのように書かない。

なぜなら、ここで書いてしまうことにより、読者のその後の行動を妨げてしまう可能性があるからだ。

本書を通じて「福祉とは何か」を読者と一緒に考えることができたらうれしい。

著者は、高校生になるまで「不良少年」というレッテルが貼られていた。

そのような少年時代の中で出合ったのが福祉だった。

手話サークルの活動やボランティア活動、日本福祉大学への進学と手話アーティストの研鑽、400回を超えるステージでの福祉講座や手話コンサート。

そんな経緯をたどった私なりの「福祉とは何か論」を今、整理したいと思ったのだ。

本書を書いた大きな目的は、「不良少年」や「落ちこぼれ」だと自分でレッテルを貼ってきた全国の子どもたちに「何か」を伝えたいというものだ。

著者は彼らに「福祉の道を歩んでほしい」とは言わない。

「何でもいいから、自分が好きなことを誰にも負けないくらい好きでいよう」と話をする。

誰にも負けない好きなことがあれば、それがきっと自分を支えてくれるはずだからだ。

「不良少年」というレッテルを貼られていくことで、「生きる意味」や「自分への価値」を見出せないときもあった。

それでも、今ここにいる理由は、福祉と呼ばれる世界に魅力を感じ、福祉という枠の中で、「好き」だと思えることが見つかったからだ。

福祉との出合い

「不良少年」のレッテル


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次