MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない】

インフォメーション

題名 グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない
著者 ロバート・ウォールディンガー(著),マーク・シュルツ(著),児島 修(翻訳)
出版社 辰巳出版
出版日 2023年6月20日
価格 1870円(税込)

「人生を幸せにするのは何?」
TEDトーク歴代ベスト10 ついに書籍化!
ハーバード大学の史上最長の幸福研究が
導き出した、「よい人生」を送るための鍵。待望の邦訳

石川善樹(医学博士)
石山アンジュ(社会活動家)
アンジェラ・ダックワース(『やり抜く力 グリット』著者)
ほか、本書への推薦の声続々!

ハーバード大学による史上最長、
84年にわたる科学的「幸せ研究」が解明した
幸福で健康な人生を送るための鍵
――それは「よい人間関係」

引用:Amazon

ポイント

  • 健康的な食生活から運動習慣や所得水準まで、健康と幸福の予測因子はたくさんあるが、良い人間関係は一貫して効果を発揮する、際立った予測因子なのだ。

  • 自分自身に注意を向け、自分の生き方、今いる場所、将来たどりつきたい場所を確認すれば、最も注意を向ける必要があるのは誰なのか、何なのかが見えてくる。注意は最も価値ある資産だ。

  • 何歳であっても、ライフスタイルのどのステージにいようが、結婚していようがいまいが、内向的だろうが外交的だろうが、そんなことには関わりなく、誰でも人生をポジティブな方向へ変えていけるということだ。

サマリー

幸せな人生(グッド・ライフ)の条件とは?

本書はしっかりとした科学的研究に基づいている。

その中心は「ハーバード成人発達研究」だ。

1938年に始まった桁外れの科学研究プロジェクトであり、同一家族の二世代にわたる被験者群を80年以上追跡調査し、今も継続中だ。

本書の著者であるボブ(ロバート・ウォールディンガ―)は本研究の4代目の責任者、マーク(マーク・シュルツ)は副責任者だ。

人の健康を研究するのに、病気の要因ではなく生きがいに着目したもので、子ども時代の苦労や初恋から晩年の暮らしぶりまで、被験者の人生の変遷を記録してきた。

本研究自体、紆余曲折の長い道のりをたどり、被験者数も当初の724人から今では3世代にわたる子孫を含む1300人超になった。

本書は、ハーバード成人発達研究を直接的な根拠としつつ、世界各地で大勢の被験者を対象にした数百件の科学的研究からもさまざまな裏付けを得た。また、古今東西の英知も盛り込まれている。

本書は何より、人間関係がもつ力をめぐる本である。

「幸せな人生の条件とは何か?」という答えは、膨大な被験者、膨大な研究を横断的に分析し、同種のデーターを繰り返し経時的に見ていくと、パターンが浮かび上がり、幸福の予測因子がはっきりとみえてくる。

健康的な食生活から運動習慣や所得水準まで、健康と幸福の予測因子はたくさんあるが、良い人間関係は一貫して効果を発揮する、際立った予測因子なのだ。

ソーシャル・フィットネス(人間関係の健全度)――よい人間関係を維持するために

幸福の二大予測因子


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次