MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【SDGs思考 2030年のその先へ 17の目標を超えて目指す世界】

インフォメーション

題名 SDGs思考 2030年のその先へ 17の目標を超えて目指す世界
著者 田瀬和夫 (著), SDGパートナーズ (著)
出版社 インプレス
出版日 2020年9月11日
価格 1,980円(税込)

 

地球の課題が経営を強くする

本書は、SDGsを経営に組み込もうと考えている、すべてのビジネスパーソンに役立つ考え方やヒントを盛り込んだ戦略書です。

経営実装時に躓きがちなポイントを押さえ、アイデアの源泉となるような3つの思考法を解説します。

また、「人権」「ESG」「気候変動」「ダイバーシティ」など、SDGsを推進していく上で欠かせない重要なテーマについて、世界の潮流と事例を交えながら解説します。

本書を読めば、SDGsが目指す世界の本質や企業活動のあり方について、たくさんの気づきやヒントを得られるはずです。

引用:インプレス

ポイント

  • SDGs(持続可能な開発目標)は、平和・開発・人権と、地球環境・持続可能性をつなげて一つの目標としたものである

  • SDGsに多くの企業が取り組み苦戦しているが、競争優位性や優秀な人材確保等の観点からも、今後ますます取り組みを強化していく必要がある

  • SDGsを経営に実装するための思考法として、時間的逆算思考、論理的逆算思考、リンケージ思考の三つが考えられる

サマリー

17の目標を超えて目指す世界

SDGs(持続可能な開発目標)は、平和・開発・人権と、地球環境・持続可能性をつなげて一つの目標としたものである。

2015年に国連で採択された「2030アジェンダ」は、人類の「持続的な共存」という生存戦略を持ち込み、2030年にありたい姿を文書とした。この文書の中に、SDGsが含まれている。

アジェンダの前文や宣言文を読み解くと、目指す世界が見えてくる。

キーワードは、「誰ひとり取り残さない」「より大きな自由」「よく生きられる」「世代を超えて」。

そこから見えるのは、「世代を超えて、すべての人が、自分らしく、よく生きられる」という、17の目標と169のターゲットを遥かに超えた大きな世界観である。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次