MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【極上の孤独】

インフォメーション

題名 極上の孤独
著者 下重暁子 
出版社 幻冬舎
出版日 2018年3月25日
価格 858円(税込)

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。

しかし、それは少しおかしくないか。

そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。

「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。

「80歳の壁を壊せ!フェア」対象作品

引用:幻冬舎

 

ポイント

  • 群れず、媚びず、自分の姿勢を貫く。そのような人は内側から品も滲み出てくるものである。そんな成熟した人間だけが到達できる境地が「孤独」である

  • 孤独を噛みしめながら自分の本音に向き合い、あれこれ考えるからこそ、人間は成長できる。いつも他人と群れてばかりいては成長するはずもなく、表面的に付き合いのいい人間が出来上がるだけではないだろうか

サマリー

はじめに

「孤独」をどう受け止めるか。

人によって様々ではあるが、「淋しい」「いやだ」「避けたい」というのが日本では多いのではないだろうか。

一方で「孤高」「自由」「群れない」というイメージを持ち「孤独」に憧れすら抱く人もいることだろう。

「孤独」ほど贅沢な時間はない。

誰にも邪魔されない自由がある。

群れず、媚びず、自分の姿勢を貫く。

そのような人は内側から品も滲み出てくるものである。

そんな成熟した人間だけが到達できる境地が「孤独」である。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次