MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【なぜ、サボる人ほど成果があがるのか?】

インフォメーション

題名 なぜ、サボる人ほど成果があがるのか?
著者 理央周
出版社 日本実業出版社
出版日 2023年3月10日
価格 1,540円(税込)

 

 忙しいから自由な時間がないのではなく、自由な時間がないから忙しい! タイパ(時間対成果)の高い人と低い人の行動を徹底比較しながら、効率よく成果を生み出すノウハウを紹介。本書を読めば、時間的・精神的な余裕が生まれ、仕事と人生が充実します。

引用:日本実業出版社

ポイント

  • 一見仕事をしていないように見えるけれど、成果につながる自由な時間を「サボる時間」と呼んでいる。

  • タイパ(タイムパフォーマンス)を意識して、「作業の時間をできるだけ減らし、価業の時間をより増やすためにどうすればいいか、より集中するためにどうすればいいか?」を検討することが大切なのである。

  • サボる時間をつくる秘訣は、タスクの優先順位をうまくつけることだ。仕事以外の予定を先に立ててから、仕事の予定を立てると、時間がうまく使えるようになるものだ。

サマリー

「サボる時間」がないから忙しい

仕事で大切なのは、「成果(あなたの価値)」を生み出すことだ。

その最大の秘訣は、「サボる時間」を確保すること。

「忙しくてサボれない」のではなく、「サボる時間がないから忙しい」のである。

著者が、外資系企業のフィリップモリスで勤めていた時、多くの先輩は机に向かい、まめに会議に出ていた。

しかし、いつも成果を出す先輩は、オフィスをうろつき雑談をしている。

ランチになるといなくなり2,3時間は帰らずに、残業もしない。

その先輩は、「ランチや遊びのついでにターゲットを観察しているんだよ」と教えてくれた。

その時、「成果を出す仕事は常識の外にもあるのだ」と学んだ。

このように、一見仕事をしていないように見えるけれど、成果につながる自由な時間を「サボる時間」と呼んでいる。

著者も「サボる時間」をつくるようになり、おもしろいように成果が出せるようになった。

その経験で培った、最短の時間で、最大の成果を生み出す「タイムパフォーマンス(タイパ、時間対成果)を上げる工夫を、本書で紹介していく。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次