MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【本当にやりたいことのかなえ方――先人に学ぶ58の人生哲学】

インフォメーション

題名 本当にやりたいことのかなえ方――先人に学ぶ58の人生哲学
著者 伊佐敷 隆弘(いさしき たかひろ)
出版社 亜紀書房
出版日 2022年7月15日
価格 1,760円(税込)

 

目標、大きな仕事、人生の目標……。
夢を実現するための「よい方法」を、人生の先輩たちの言葉にまなぶ。

親の反対で哲学の道を一旦は諦めた。
しかし、恋人の勧めで、大学卒業後、改めて哲学科に入り直し、アルバイトで生計を立てながら研究の道を志すも、なかなか就職が決まらない。
それでも負けずに、三八歳で念願の大学教員になった。

そんな著者が、自らを支えてくれた言葉の数々を紹介します。

引用:亜紀書房

ポイント

  • 先人たちの中には、あなたと同じように志を持ち、試練に耐えながら、目標を達成するために奮闘努力した人々がいる。

  • 努力が報われるためには、「正しい場所」「正しい方向」「十分な量」が必要条件。

  • 実力がなかなか伸びない時期がしばらく続き、ある日突然、実力が伸びる。

サマリー

はじめに

何者かになりたい。

新しい何かを創造したい。

そんな思いをいだいて、もがくように生きている人たちがいる。

「もがくように」とは、「どうすればいいのか、はっきりと分からず、ただがむしゃらにがんばっている」という状態だ。

先人たちの中には、あなたと同じように、志を持ち、試練に耐えながら、目標を達成するために奮闘努力した人々がいる。

本書は、そんな先人たちの言葉を集め、彼らの生き方から学ぶことを目指している。

人生を選択する

ほんとうに好きなのはどちら?/手塚治虫(漫画家)

漫画家の手塚治虫が人生の選択をしたのは23歳の時であった。

医学部の学生だった手塚は、医者になるのか、それとも漫画家になるか、選択に迷っていた。

母親に相談した際に「本当に好きなのはどちら?」と尋ねられ、「マンガが好き」と答えた手塚に対して、「そんなに好きなら、漫画家になりなさい」と母親は伝えたという。

手塚は、「世間的な受けやお金儲けではなく、好きな方を選ばせてくれたおかげで、自分の一生はとても充実したものになった」と振り返る。

選択とは未来を選択することだが、未来はどうなるか誰にも分からない。

その意味で、あらゆる選択は賭けだ。

それゆえ、「ほんとうに好きなのはどちらなのか」と自分に問いかけることは、悔いのない選択をするために有効なひとつの方法なのである。

初志貫徹するのに遅すぎることはない/若竹千佐子(小説家)


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次