MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【THE HOPE 50歳はどこへ消えた? 半径3メートルの幸福論】

インフォメーション

題名 THE HOPE 50歳はどこへ消えた? 半径3メートルの幸福論
著者 河合 薫(かわい・かおる)
出版社 プレジデント社
出版日 2022年3月16日
価格 1,760円(税込)

 

 50歳は、まだ人生の途上なのだ──。

サラリーマンは必ず終わる。肩書は無意味になる。

だからこそ、どう生きるか。

「45歳定年制なんて聞いてない」

「役職定年こんなはずじゃなかった」

「定年延長やめときゃよかった」

必死に走り続け、気がつけば「働かないおじさん」扱い。

五十にして天命を知るどころか、迷い、戸惑い、恐れている……。

「サラリーマン“無理ゲー"社会」をこれからどう生きる。

気鋭の健康社会学者にして、Web連載コラムがビジネスマンに大人気の著者が、最新研究の知見、直接インタビューをした約900人のビジネスマン、みずからの実体験を通して語る、まったく新しい“幸福を手にする"ための生存戦略。

引用:プレジデント社

ポイント

  • 健康社会学の研究者として意見したいことは、どんなに報われない陰鬱な世の中でも、「私」たち人間には、「幸せへの力」があるということだ。

  • リアルな声に耳を傾けるほど、【半径3メートル世界】の人たちとの関わり方の重要性を痛感し、「人は幸せになるためにこの世にうまれてきた」と確信するようになったのだ。

  • 人の心の奥底には「HOPE」があり、これからの時代の鍵を握るのは、HOPEの復興にあると信じている。HOPEをシンプルに言えば、「前向きにいきようとする意思」であり、「あきらめない力」のことである。

サマリー

50歳、このまま終わりたくない・・・

このままじゃヤバイ

もし、新型コロナウィルスに襲われなかったら、この本を書いていなかった。

コロナ前の著者は、「そろそろフェードアウトに入ろうかなあ」などと考えていたが、目に見えないウィルスにより、そんな悠長なことを言っている余裕が消えた。

同じように、同世代の人たちの中にも、「このままじゃヤバイ」と焦燥感を募らせた人がいた。

50歳という“一丁上がり感”で、不覚にも時間と成長が止まったことに気づき、不安を覚えると同時に、人生の「光」が久々に見えた。

それはずっと信じて生きてきた「私」の小さな可能性である。

「そうだ!今まで通り、そして、きちんと歩き続けよう。一時期のようなスピードは出せないかもしれないし、カネになるかどうかもわからない。それでも、厳しい時ほど具体的に動くが勝ちと信じて、自分らしく」と覚悟したのだ。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次