MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【動きたくて眠れなくなる。】

インフォメーション

題名 動きたくて眠れなくなる。
著者 池田貴将
出版社 サンクチュアリ出版
出版日 2012年4月10日
価格 1,320円(税込)

 

「感情」を精神論ではなく科学的にコントロールして、
自分がのぞむ結果を出し続けるためのガイドブック。

動きたくてもすぐに動けない、続けたくてもなかなか続けられない
原因を解き明かしながら、「自分」と「チーム」を動かす
マネジメント術を図解入りでやさしく伝える。

【本書がもたらす5つの効能】
1 感情を自在にコントロールできるようになる
2 あらゆる制限をなくして、新しい自分と出会える
3 人の心を豊かにしながら、人に影響力を持てるようになる
4 高い目標に向かって、行動を継続できるようになる
5 努力感なく、価値のある人生を作っていけるようになる

引用:サンクチュアリ出版

ポイント

  • すべての感情は、あなたの人生がより良い方向に進むように、24時間見守ってくれている。

  • 「決断→行動→結果」あなたは、つねに何らかの“結果”を出すために“行動”している。

  • 自分の持っている能力のほとんどは、“自分がいま意識を向けていること”のために使われる。

サマリー

はじめに 

人は感情の生き物だ。やってみたいと思っていても、“不安”で手が出せなかったり、やるべきことだとわかっていても、“面倒くさくて”手が出せなかったり、いつもならうまくいくのに“プレッシャー”で望む結果を出せなかったりする。 

自分の行動は、自分の考えで決めている。

でも行動に移せるかどうかは、結局そのときの“感情”次第。

本当は「自分の行動は、すべて“感情”に支配されている」ことを、今までの経験からよく知っている。 

それなのに多くの人は自分の感情について知ろうとせず、どう向き合うべきなのかもあまりよくわかっていないようだ。

感情は脳の中で起きているただの化学反応だから、自分の意志でコントロールすることができる。

古今東西の賢人たちは皆、その力のすばらしさを認めていた。 

この本は、専門家たちが解き明かしてきた“感情の法則”の中から、実生活で使えそうなものだけを選りすぐって、分かりやすくまとめた。

法則を当てはめていく中で、どんなアドバイスよりも優れた知恵、そして最高の未来を作り上げる力が、すでに自分の中にあったんだという驚きと感動をぜひ味わってほしい。 


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次