MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【才能のない人間が考えた 才能を活かす10の方法】

インフォメーション

題名 才能のない人間が考えた才能を活かす10の方法
著者 別所謙一郎
出版社 WAVE出版
出版日 2020年2月15日
価格 1,650円(税込)

 

 

成功者は「成功法則」を身に付けたのではなく、自分の「才能」を適切な場所で「価値」に変えているだけ!その方法は10のスキルに分類できる。誰にでもできるその方法を明快に説く。

成功法則本や自己啓発書を読んでも、ほとんどの人が成功しないのはなぜか――?多くの人が抱いているであろう、この素朴な疑問について、徹底的に考え抜いたのが本書です。
著者自身、成功を熱望し、20年以上にわたり、1000冊以上にのぼる成功法則本・自己啓発書を読破し、それなりに実践し、大成功とまではいかないものの、それなりの小金持ちレベルの人生を手に入れています(ただし、著者の知人には完全な成功者の方がけっこういます)。
しかし、本人としては、満足のいくレベルにはいたっていないため、いまだに成功法則の研究を続けています。そして、最近になり、次の事実に気づいたそうです。

・そもそも成功法則について、みんな(成功法則本の著者ですら)が誤解している。
・誤解している(正しく使えていない)から、成功法則が機能しないのは当たり前
・成功者は「成功法則」ではなく、自分の「才能」を適切に使っているだけ

・絶対確実な成功法則はないが、誰にでもできる「成功の確率を高める方法」は
今回は、これらの事実を精緻な検証と豊富な事例を駆使して、明快に解説します。
今まで、誰も語ることのなかった「成功法則の正体」を白日の下にさらす、知的興味をかき立てる1冊。

引用:WAVE出版

ポイント

  • 才能とは、結果が出たあとに評価される。つまり、結果が出たのは才能があるからではなく、結果を出すために才能を活用したということだ。

  • 「思考は現実化する」という話をよく聞く。実際、本当に現実化するのか分からないが、思考していないことを現実化するのは難しいだろう。大きなことを考える人は、大きなことを成し遂げている。

  • 才能を価値の変える10の方法

サマリー

成功者とは「自分の才能の活かし方を知っている人」

才能とは、結果を出したあとに「あった」とされる

ロックスターになることを夢みて広島から出てきた若者は、自分の曲をレコード会社に売り込みに行ったが、曲に歌詞がないことを理由に、あっさりと断られた。

これは、初めてレコード会社を訪れた、矢沢永吉さんのエピソードだ。

かつてメジャーリーグで活躍した野茂英雄さんも、「自分は無名高だし、三年後プロに行きたいなんて恥ずかしくて言えなかった」とインタビューで答えている。

大成功をおさめた二人だが、最初は才能など認められていなかったのだ。

才能とは、結果が出たあとに評価される。

つまり、結果が出たのは才能があるからではなく、結果を出すために才能を活用したということだ。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次