MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【子どもの自己効力感を育む本】

インフォメーション

題名 子どもの自己効力感を育む本
著者 松村亜里
出版社 WAVE出版
出版日 2020年3月14日
価格 1,650円(税込)

 

 自己効力感とは「成功するかわからないけどとくかくやってみよう」という気持ち。
この力、育ててあげたいと思うママは多いのではないでしょうか。
人は誰もが自己効力感を持って生まれてくるといいます。生まれ持った自己効力感を育むのは日常の中のママの声がけ。
「あなたは賢い」
「天才だよ」
良かれと思ってかけてきた言葉が、実は自己効力感を下げていたとしたら…⁈
一体どんな言葉をかければいい?  本書では、子どもたちの自己効力感を最大限に引き上げる声がけを30のシチュエーションでご紹介。
効果は一瞬で表れるから、ママと子どもに幸せのサイクルが生まれます。

引用:WAVE出版

ポイント

  • 人はみな、自己効力感を持って生まれるとされる。自己効力感とは、結果を恐れずに挑戦していく力のことだ。

  • もっとも育てたいのは、自信はないけど「やってみよう」という気持ち。例えば、楽しそうと好奇心が沸いたり、努力することで自分の能力が伸びると思えたり、そのこと自体に意味があると感じられたりするときだ。

  • 親と子どもが幸せになる親子関係を築ければ、自己効力感を育むことができる。

サマリー

子どもはみな「自己効力感」を持って生まれてくる

結果を恐れずに挑戦する力=自己効力感

人はみな、自己効力感を持って生まれるとされる。自己効力感とは、結果を恐れずに挑戦していく力のことだ。

この自己効力感を育てることが、いろいろなことに積極的にチャレンジし、幸せになっていく重要な要素として注目されている。

自己効力感が高いとは、

①自分の行動は意味があるという「信念」

②自分ならできるという「自信」

③難しい課題も努力すれば目標に近づけるという「希望」

であり、自己効力感があると、未知の世界に飛び込む勇気が沸いてくるのだ。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次