MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【図解 最高の感動ストーリーを作ろう】

インフォメーション

題名 図解 最高の感動ストーリーを作ろう
著者 ミツ
出版社 Independently published (2024/1/16)
出版日 2024年1月
価格 498円(税込)

物語を書く全ての人へ
▽プロの小説家を目指す人
▽プロの漫画家を目指す人
▽プロの編集者を目指す人
▽すでにプロとして活躍している人
僭越ながら物語を書く全ての方に向けて書いた本です。

元々は四半世紀ほど、放送作家をしておりました。
2004年〜2015年まで「報道ステーション(テレビ朝日)」のスポーツコーナーを
担当しました。

ぼくは小説家でも脚本家でもありません。
そんな自分が、なぜこんな本を書いたのか?

雑種なオタクでした
感動的な物語が大好きで、10代の頃から現在(アラフィフ)まで
ジャンルを選ばずたくさんの作品に触れてきました。
それこそ「八つ墓村」から「葬送のフリーレン」まで。
2018年時、うつになるまでアニメを見続けた恥ずかしい過去もあります。
たくさんの素晴らしい作品に触れながら、気づいたことがあったのです。

「感動」には型がある
なぜいま、自分は涙を流しているのか?
「心の動きをトレース」して、涙の理由を徹底的に言語化しました。
きわめて「エモーショナル」な感動を「ロジカル」に分析しました。
そして気づいたのです。
Aという漫画とBという映画は、ジャンルもテーマもキャラクターも全く違うけど「感動の型」は全く同じだぞ、と。
発見した「感動の型」をメモにしていったら、46個になりました。
そのメモを丁寧に清書したのが本書になります。

このセリフやシーン(状況)は、なぜ感動するのか?
ほかにどんな状況や展開が考えられるのか?……について、分析・解説します。

真剣に物語を向き合ってきた方であれば、見出しを読んだだけで
「……あっ、これなら自分のキャラに当てはめられる」
「……あっ、この展開を加えれば、感動が際立つかもしれない」となります。

ご自分が書いている(これから執筆する)作品のわかりやすいヒント「感動の参考書」としてお使いください。

引用:Amazon

ポイント

  • この本は「心を動かす感動の物語を作りたい」と、心から思っている方に向けて書いた1冊だ。感動には方程式がある。

  • 大切なものを守る「理由」、これは数ある感動の正体の一つだ。

  • 感動の正体はすなわち「共感」だ。多かれ少なかれ身に覚えがあるからこそ、読者は涙を流すのだ。

サマリー

感動には方程式がある

著者は元々、テレビやラジオ、バラエティや情報番組を作る放送作家だった。

そんな人間が『最高の感動ストーリーを作ろう』というタイトルの本を、なぜリリースしたのか?

それは「理由」を考えるのが好きだったからだ。

なぜ、いま自分は泣いているのか?

自らの「心の動きをトレース」して、涙が流れる理由を徹底的に言語化した。

きわめて「エモーショナル」な感動を「ロジカル」に分析したのだ。

すると「感動の型」に、いくつかのパターンを発見した。

過去に見たアニメ、映画、小説、ドラマを思い出し、感動の型(テンプレ)を、ちぎったノートにメモした結果、感動の型は「47個」になった。

そのメモを丁寧に清書した原稿が本書である。

この本は「心を動かす感動の物語を作りたい」と、心から思っている方に向けて書いた1冊だ。

感動には方程式がある。

この本を読み終わる頃、あなたの脳内にまだこの世界に存在しない、感動ストーリーの芽が出ることを心から願っている。

本要約では、47個の「感動の型」のうち3個を中心に紹介する。

「理由」感動の正体

感動を描く時、重要になるのはやはり「理由」だ。

漫画やアニメには、一見小憎らしかったり、不可思議な行動をとるキャラクターがいる。

例えば、「金に汚いヤツ」は嫌われるものだ。

でも、その影に「守っている存在」があったらどうだろう?


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次