MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【人生を面白くする 本物の教養】

 

インフォメーション

題名 人生を面白くする 本物の教養
著者 出口 治明
出版社 幻冬舎
出版日 2015年9月30日
価格 880円(税込)

 

 

《ビジネスにも必須! 》
本を読み、人に会い、
旅をする。そして
自分の頭で考え抜く。

教養とは人生における面白いことを増やすためのツール。

であるとともに、グローバル化したビジネス社会を生き抜くための最強の武器である。

その核になるのは、「広く、ある程度深い知識」と、腑に落ちるまで考え抜く力。

そのような本物の教養はどうしたら身につけられるのか。

60歳にして戦後初の独立系生保を開業した起業家であり、ビジネス界きっての教養人でもある著者が、読書・人との出会い・旅・語学・情報収集・思考法等々、知的生産の方法のすべてを明かす!

引用:幻冬舎

ポイント

  • 教養とは悔いなく生涯を終えるためのツールである

  • 国際的には、日本人のリーダー層の学歴は低いと言わざるを得ない

  • 著者の教養は「本」「人」「旅」で形作られている

サマリー

教養とは何か?

教養は人生を楽しむためのもの

教養とは、人生における面白いことや楽しみを増やし、よりワクワクする、より面白い、より楽しい人生を送って、悔いなく生涯を終えるためのツールである。

教養を身につけるにはある程度の知識が必要だが、知識を増やすことが目的ではない。

ただ、知識が多い方が興味の幅が広がり教養が身に着く確度が高くなる。

自分の頭で考える

教養の本質は自分の頭で考えることだ。

物事をただ鵜呑みにするのではなく、自分の頭で考えることが必要なのである。

自分の頭で考えて納得できたとき、「腑に落ちる」という感覚を抱く。

この感覚は大変重要であり、逆に「腑に落ちない」なら「腑に落ちる」まで探求するべきだ。

意見を選択するときに、「どちらとも言えない」という回答があるが、自分の意見を決められないのは「考え不足」に他ならない。

問題について真剣に考えれば意見を決めることができるのに、手を抜いて手軽な回答を選んでしまう。

この手抜きこそが教養不足の原因なのだ。

日本のリーダー層は勉強が足りない

この人は面白そうだと思ってもらえるか


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次