MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【不器用な子どもがしあわせになる育て方】

インフォメーション

題名 不器用な子どもがしあわせになる育て方
著者 宮口 幸治
出版社 かんき出版
出版日 2020年7月22日
価格 1,540円(税込)

 

 

『ケーキの切れない非行少年たち』のアンサーブック!
50万部を突破したベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』
を読んだ親御さんたちから出た疑問、
「うちの子のふるまいと近いのけれど…どうしてあげたらいいの?」
に答える本ができました。

本書読者だけの豪華特典
3カ月分(90ページ超)の
「コグトレワークシート」付き!
(※ダウンロード形式です)

生きづらい子どもの「3つの不器用さ」を改善する「コグトレ」

不器用で生きづらい子どもには
「認知力」が弱い
「対人力」が弱い
「身体力」が弱い

という3つの特徴があります。

本書ではこの3つの力を改善する画期的なメソッド 「コグトレ」 を紹介。
不器用さが改善され、「できること」がどんどん増えていきます。

引用:かんき出版

ポイント

  • 「生きづらい」子どもたちには、「学力以前の力」が備わっていない子が多いのだ。周りの大人は子どもの「困っている」サインを見落とさずにサポートすることが大切である。

  • 生きづらい子どもには、認知力、対人力、身体力の「3つの弱さの特徴」がある。

  • 著者が開発した「コグトレ」とは「認知機能に特化したトレーニング」で、コグニティブ・トレーニングの頭文字をとったものである。

サマリー

なぜ、うちの子は「生きづらい」のか?

「生きづらい」子どもたちは、必ずサインを出している。

集団生活や勉強に始まり、トラブル続きの子どもに、不安でいっぱいの保護者たち。

小学生になり学校生活がうまくいかず不安でいっぱいなのは、子どもも保護者も同じである。

「生きづらい」子どもたちには、「学力以前の力」が備わっていない子が多いのだ。

周りの大人は子どもの「困っている」サインを見落とさずにサポートすることが大切である。

大きくなるほど「生きづらさ」は増していき、トラブルにつながることも増えていく。

また、子どもの問題は親のせいではないことを理解しておいてほしい。

生きづらい子どもにみられる不器用さ


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次