MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【毎月5000円で自動的にお金が増える方法】

読むのにかかる時間 約 7 分

目次

インフォメーション

題名毎月5000円で自動的にお金が増える方法
著者ミアン・サミ
出版社かんき出版
出版日2018年7月23日
価格1,650円(税込)

 

 

◯一攫千金の本ではなく、科学的な本

この本には科学的に証明されている事実と、明日からだれでも実践できる「資産を増やすもっとも確実で簡単な方法」が書かれています。

一攫千金を狙う「煽り本」ではなく、科学的な本なのです。
「科学的」とは、本書では便宜上、「データによって立証されていて、どんな人がやっても再現性があること」とします。
かつて金融のインサイドにいた私が、他のお金持ちたちが教えたがらない「本当のこと」をお伝えします。

断言します。
お金持ちと、そうでない人の思考や行動の差はほんのわずかです。
「お金の本質」を知り、「お金についての正しい判断基準」を持つことさえできれば、実はお金を増やすことはとても簡単なのです。
――「プロローグ」より

○毎月5000円から始めて、年利20%以上も可能。
○個人資産10億円を保有する「お金の科学者」が、確実に利益を得るための資産運用法を教えます。
○「お金の奴隷システム」から抜け出して、「お金を24時間365日奴隷のように」働かせましょう。

引用:かんき出版

ポイント

  • お金持ちと、そうでない人の思考や行動の差はほんのわずかである。「お金の本質」を知り、「お金についての正しい判断基準」を持つことさえできれば、お金を増やすことはとても簡単なことなのだ。
  • 「投資をする術」を持っている人がほとんどおらず、投資をする方法を学べる機会がない。だからこそ、ファイナンシャルリテラシー(お金に関して理解し、適切な決定と行動ができるようになるためのスキルと知識)を伝えるために本書を書いた。
  • 著者が提案するのは、「ウォーターフォール」投資(資産運用)法と名付けた、自動的に資産が増えるシステムだ。この投資法を実践すれば、多くの人が年利回り20%以上の資産運用を達成できる。

サマリー

一攫千金の本ではなく、科学的な本

本書には、科学的に証明されている事実と、誰でも実践できる「資産を増やすもっとも確実で簡単な方法」が書かれている。

一攫千金を狙う「煽(あお)り本」ではなく、「データーによって立証されており、どんな人がやっても再現性がある」という意味で、科学的な本なのである。

お金持ちと、そうでない人の思考や行動の差はほんのわずかである。

「お金の本質」を知り、「お金についての正しい判断基準」を持つことさえできれば、お金を増やすことはとても簡単なことなのだ。

本書に書かれた6つのステップを踏めば、誰でも自分の時間を奪われることなく、科学的に資産を増やすことが出来る。

資産が自然に増えて継続性のある安心を得ること、そして、自由な時間を得ることの両方を手にすることが出来るのである。年利にして20%以上資産を増やすことは、夢物語ではなく、実現が可能なのである。

自分が「プアマインド」だと認める

かつての著者のように、働いてお金を得ても、一向に自由になれない人を「プアマインド」と呼び、一生、奴隷のように働き続ける人をさす。

一方、資産を増やし、自由な時間を持っている人を「リッチマインド」と呼ぶ。

お金を増やすための第1ステップは、社会や親の影響により、自分も知らず知らずのうちに「プアマインドを持った奴隷」になっていることに気づくことである。

今後、リストラ、ケガ、病気、介護によるリタイアなど、突然、働けなくなるリスクはいくらでもある。

奴隷の足場は、あまりにも脆弱なのだ。

金融の世界には、「最大のリスクは『何もやらないこと』」との言葉がある。

将来の安心と自由をつかむために、奴隷から脱出する一歩を踏み出すことを願う。

紙幣を「貯めこむ」か「投資に回す」か

日本政府は毎年、2%のインフレターゲットを設け、実現させると明言している。

そうなると、銀行に預けているお金の価値は、ほぼ間違いなく年2%低くなっていく。

35年間でお金の価値は半分になってしまうのだ。

だから政府は国民に「お金を抱え込まず投資に回すこと」を呼びかけ、「NISA(少額投資非課税制度)」や、「確定拠出年金」、「小規模企業共済」など投資への呼び水を用意しているのだ。

しかし、その「投資をする術」を持っている人がほとんどおらず、投資をする方法を学べる機会がない。

だからこそ、ファイナンシャルリテラシー(お金に関して理解し、適切な決定と行動ができるようになるためのスキルと知識)を伝えるために本書を書いた。

プアマインドの波から、リッチマインドの波に乗り換えるのは、今がチャンスなのだ。

4種類の働き方

『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズの著者、実業家のロバート・キヨサキ氏は、世の中の「働き方」を4つに区分している。①employee(エンプロイー):会社から雇われて働く人②self-employed(セルフエンプロイド):自営業者や起業家③business owner(ビジネスオーナー)investor(インベスター):投資家の4種類だ。

①のエンプロイーと②のセルフエンプロイドは、世界で一番大切なものである、自分の貴重な「人生の時間」を売って、お金を追いかけている人たちだ。

ここで、著者が言いたいのは、会社を辞めた方がいいという話ではなく、少なくとも④のインベスターの面も持つことをすすめているのである。

なぜなら、働いたお金から税金を取られ、給料の額が減り、お金の価値も下がる一方で支出も増え、コツコツと真面目にお金を貯めても、一向に貯金が増えないという状況に陥る危険があるからだ。

「毎月5000円でお金が自動的に増えるシステム」を作る

著者が提案するのは、「ウォーターフォール」投資(資産運用)法と名付けた、自動的に資産が増えるシステムだ。

この投資法を実践すれば、多くの人が年利回り20%以上の資産運用を達成できる。

ウォーターフォール投資法には4つの段階(ステージ)がある。

①ステージA:支出を極力減らし、資産運用する資金を確保すること。

②ステージB:毎月一定額を自動的に天引し、税優遇される制度である「確定拠出年金」を利用する

勤めている会社に「企業型確定拠出年金」が導入されていなければ、「個人型確定拠出年金(イデコ)」を利用する。

③ステージC:税優遇される「NISA」「ジュニアNISA」を利用する。

④ステージD:それでもお金が余っていれば、世界一有名な投資家「ウォーレン・バフェッェト氏のポートフォリオ」を参照した投資をするという4つの段階だ。

その中でも、②の確定拠出年金や小規模企業共済は、「キモ」になる手法だ。

本書のタイトルである「毎月5000円で~」としたのは、確定拠出年金の掛金が5000円からであることに由来する。

本書を読み終えたら、ネット証券会社にアクセスして証券口座を開いたり、今までドブに捨てていた一万円を投資に回したりするなど、「お金に対して、今までとは違った行動」を起こして欲しい。

From Summary ONLINE

本書は、簡単で確実な投資術を、豊富な図解とわかりやすい解説で学べるものだ。

お金持ちとそうでない人の思考や行動の差はほんのわずかであり、「お金の本質」を知れば、誰でもお金を増やすことができるという。

投資に興味があるけれど何から始めたらいいかわからない方、投資をするかどうか迷っている方も、データーにもとづいた「お金を増やす方法」を知ることができるので、ぜひ手に取ってもらいたい。

SNSでシェア

絞り込み検索

目次