MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【ほしいを引き出す 言葉の信号機の法則】

インフォメーション

題名 ほしいを引き出す 言葉の信号機の法則
著者 堤 藤成
出版社 ぱる出版
出版日 2022年11月24日
価格 1,540(税込)

 

 買いたくなる言葉を作る秘訣は、
3つの色をイメージすることだった――

電通出身×海外MBAコピーライターが、 不況でも124%売れる「うるおすコトバ」の原理原則を初公開!

「自分の言いたいことがうまく伝わらない」「『人を動かす言葉』をつくりたい」――

本書では、言葉やコミュニケーションに苦手意識がある方に向け、「売れる言葉」「人を動かす言葉」 のコツを私たちの身近な存在、信号機にたとえて解説。

たった1時間で売れる言葉がつくれるようになるほど、すぐに使えるメソッドが 簡潔にまとめられています。多数の受賞歴を持つコピーライターならではの、思わず唸る具体例も満載です。

困りごとを抱える人の目にとまり、望ましい未来へと背中を押すような言葉を磨いて、 そっと投げかけましょう。

広告・WEBサイト・SNS・メルマガ・POP・チラシ……全媒体で効果バツグンの一冊です。

引用:ぱる出版

ポイント

  • 人は自然に『とどめる赤』の言葉で立ち止まり、『すすめる青』の言葉で前を向き、『きになる黄』の言葉で具体的な行動へ促されているのだ。世界中の人を動かす信号機の原理原則に従い、「人を動かす言葉」「売れる言葉」を考えていこうというのが本書の趣旨である。

  • どうやって人に「売る」か、ではなく、どうやって人を「うるおす」が、を考え抜くこと。本質的に「人を動かす言葉」をつくるためには、「売る」から「うるおす」への「マインドを変える」ことが重要なのである。

  • かなえる、きっかけをつくる。これが、著者の人生の指針であり、自分自身を「動かす言葉」でもある。

サマリー

言葉の信号機の法則

信号機の1番の特徴は、赤・青・黄色の3色であるということだ。

このそれぞれの色と、「止まれ」「進め」「注意」などのルールは世界共通だと言われている。

言葉を信号機の3色の視点で捉えなおしてみよう。

まずは、つい足を止めてしまう『とどめる赤』と呼ぶべき言葉。

不安、不満、不思議など「不」に関する言葉で心をつかむ言葉である。

次に『すすめる青』と呼ぶべき言葉。

相手の望む未来をイメージさせ、前向きな未来に進め、商品の価値を規定する言葉だ。

最後に、『きになる黄』と呼ぶべき言葉。

踏み出すために、期限を決定したり、具体的な行動を明らかにしたりして、最後の後押しをする言葉だ。

人間は、自然と赤信号で立ち止まり、青になるのを見て歩き出し、黄色の点滅で、慌てて駆け足で横断歩道を渡りきる。

この構造と同じように、人は自然に『とどめる赤』の言葉で立ち止まり、『すすめる青』の言葉で前を向き、『きになる黄』の言葉で具体的な行動へ促されているのだ。

このように世界中の人を動かす信号機の原理原則に従い、「人を動かす言葉」「売れる言葉」を考えていこうというのが本書の趣旨である。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次