MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

プロフィール/パスワード変更

My本棚

会員登録【7日間無料】

【最貧困女子】

インフォメーション

題名 最貧困女子
著者 鈴木大介
出版社 幻冬舎
出版日 2014年09月30日
価格 858円(税込)

 

今や働く単身女性の3分の1が年収114万円未満。中でも10~20代女性を特に「貧困女子」と呼んでいる。

しかし、目も当てられないような地獄でもがき苦しむ女性たちがいる。

それが、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁をなくし、セックスワーク(売春や性風俗)で日銭を稼ぐしかない「最貧困女子」だ。

可視化されにくい彼女らの抱えた苦しみや痛みを、最底辺フィールドワーカーが活写、問題をえぐり出す!

引用:幻冬舎

ポイント

  • 人は低所得に加えて「三つの無縁」「三つの障害」から貧困に陥る。

  • 差別や批判を恐れ、必死に経済的・精神的破綻を隠そうとしている。問題の闇が深い。

  • 持たざる者は選別され、貧困の中に埋没していく。

サマリー

はじめに 

そもそも貧困とは何か。

僕なりの考察では、人は低所得に加えて「三つの無縁」「三つの障害」から貧困に陥ると考える。

「家族の無縁、地域の無縁、制度の無縁」の三つの無縁と、「精神障害、発達障害、知的障害」の三つの障害である。 

世の中には目も当てられないような貧困の地獄の中でもがいている女性、そして未成年の少女たちがいる。

セックスワーク(売春や性風俗産業)の中に埋没する「最貧困女子」。

僕が見てきた最も悲惨な風景であった。 

見えづらい、分かりづらい、面倒くさい、そんな「最貧困女子」を、忘れないで欲しい。

見捨てないで欲しい。

見下さないで欲しい。

彼女らの抱えた不可視の痛みと苦しみを、この本では可視化していきたい。 


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次