MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話】

インフォメーション

題名 眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話
著者 茂木健一郎
出版社 日本文芸社
出版日 2020年1月29日
価格 935円(税込)

 なぜ、脳から意識が生まれるの? ひと目ぼれは、どうして起きる? 頭がいいって、どういう人? 人の脳は不思議でいっぱい。

身近な疑問でナゾを解明!

いまだに解明されない現代科学最大の謎といわれる脳。

脳を知ることは、自分自身を知ることです。

テレビや雑誌など、さまざまなメディアで活躍する脳科学者の著者が、脳の働きや仕組みを最新のトピックスや知識を使い、図解を交えてわかりやすく解説します。

脳力を最大限に発揮させる方法から、「ひらめき回路」の鍛え方、AI時代の脳の活かし方、脳の機能まで、疑問形式で楽しく読める脳の話が満載。

仕事や学習、恋愛、人付き合いなど日常の生活でも役に立つ、脳のエンターテインメント教養本です。

脳は自分を映す鏡。

人工知能時代に負けない、ヒトの脳の大きな可能性がわかります。

引用:日本文芸社

ポイント

  • 地頭の良さ=前頭前野の発達度合

  • 前頭前野は鍛えることができる

サマリー

本書の結論

・地頭の良さに関わっているのは、脳の「前頭前野」という部分

・「前頭前野」とは、思考力や活力コミュニケーション能力などを担う重要な部分

・前頭前野を鍛え、脳に影響する環境を整えることで、地頭をよくすることが可能

「地頭の良さ」とは

Q.地頭がいいとは?

A.論理的思考力やコミュニケーション能力などが高いこと

Q.地頭の良さを鍛えることは可能か?

A.脳の前頭前野を鍛えることで地頭はよくなる

前頭前野とは

脳の最高中枢で、賢さや活力に関わる部分。

やる気や集中力、記憶力、論理的思考力、コミュニケーションなどに作用する

前頭前野が発達すると

前頭前野が発達している人は、人付き合いがうまい、長期的視点を持てるといった傾向がある。

→結果、社会的・経済的地位が高くなる傾向に。

「地頭を良くする=脳の前頭前野を鍛えること」

前頭前野を鍛える8つの方法

以下の8つを実践することで、前頭前野を鍛えることが可能。

1.雑音を利用する

2.タイムプレッシャーをかける

3.マインドフルネス

4.様々な体験をする

5.脳に良い栄養をとる

6.心理的安全状態を作る

7.ノーシーボ効果の排除

8.アハ!体験

1.雑音を利用する


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次