MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

プロフィール/パスワード変更

My本棚

会員登録【7日間無料】

【YOUR TIME(ユア・タイム) 4063の科学データで導き出した、あなたの人生を変える最後の時間術】

インフォメーション

題名 YOUR TIME(ユア・タイム) 4063の科学データで導き出した、あなたの人生を変える最後の時間術
著者 鈴木祐(すずき・ゆう)
出版社 河出書房新社
出版日 2022年10月19日
価格 1,672円(税込)

 

 【時間感覚を書きかえて、あなたの時間を取り戻せ!】
―ベストセラーを連発する科学ジャーナリスト最新作!

「時間がない」「やることが多すぎる」「もっと効率化しなければ」
「本当に大切なことに時間が割けない」「気がつけば1日が終わっている」
……時間の使い方に満足していないすべての方へ。

本書では、科学的根拠(エビデンス)に基づき、
“時間不足を根本から解消し、あなたにとって有意義な時間を増やす方法”
を具体的に解説します。
【”時間の概念”をくつがえし、人生の満足度を引き上げる究極メソッド】

・そもそも、人間は「時間」というものをどのように知覚しているのか?
・「時間の使い方が上手な人」と「下手な人」がいるのはなぜか?
・個々の性格、体質、価値観、環境など「個体差」に応じた時間の使い方とは?
・「時間の流れだけは誰にとっても平等であり、決められた時間の中で効率よくやりくりするしかない」という究極の問題にどう向き合えばよいのか?
これらの本質的な問いに取り組み、人生において「自分が有意義と感じられる時間」を増やす方法を体系立てて提示。
単なるテクニックやライフハックにとどまらない、根本的に時間不足を解消する究極の時間術をご提案します。

引用:Amazon

ポイント

  • 人間の脳は、何らかの事態が起こると、記憶のデータベースから、起きた現象に当てはまる確率を見積もり、「過去または未来の出来事として確率の高い世界」を生み出す。これが人が体験する「時間」の正体である。

  • 「予期のずれ」は、予期の現実感の濃淡と、予期の数の多寡により、大きく4パターンに分類できる。その組み合わせによって、個体差が生まれる。

サマリー

時間の正体を知る

時間を有効に使いたいという、時間管理の悩みに応えて、多くの「時間術」が提案されてきた。しかし万人に効果がある時間術は見つかっていない。筆者がデータチェックと専門家へのインタビューを重ねた結果、たどり着いたのは、「時間感覚」をもとにした解決策である。

時間には実体がなく、人体に時間専用の感覚器官もない。では人はどうやって時間を把握しているのか。

人間の脳は、何らかの事態が起こると、記憶のデータベースから、起きた現象に当てはまる確率を見積もり、「過去または未来の出来事として確率の高い世界」を生み出す。これが人が体験する「時間」の正体である。

未来=いまの状態の次に起きる確率が高い変化を、脳が「予期」したもの

過去=いまの状態の前に発生した確率が高い変化を、脳が「想起」したもの

例えば、瓦礫の山を見た時、脳は似たような記憶がないかとデータベースを検索し、引き出された記憶をもとに確率を計算して「解体作業によってできた瓦礫だろう」といった過去を生み出す。さらに次に起きそうな出来事の確率を計算し、「誰かが片づけない限り瓦礫はこのままだろう」というような未来を作り出すのが「予期」である。

つまり、私たちはそもそも時の流れなど体感していない。人間が認識できるのは今の変化だけであり、「時間」の概念をあとから当てはめただけである。

私たちはあらゆる変化を「予期と想起」の2軸で受け止め、主観的な時間の流れとして解釈している。

しかし「予期と想起」は、現実の時間とのずれが発生する。このずれは人によっても異なる。時間を使いこなすには、自分のずれのタイプを把握し、それに適した方法で「予期と想起」を調整する必要がある。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次