MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【正しさをゴリ押しする人】

インフォメーション

題名 正しさをゴリ押しする人
著者 榎本 博明
出版社 KADOKAWA
出版日 2017年10月10日
価格 902円(税込)

 

 あなたが感じている世の中の気持ち悪さと息苦しさの正体

一見、正しいことを主張しているようありながら、強烈な攻撃性を感じさせる人。「正義の人」と「危ない人」の境目はどこにあるのだろうか。「歪んだ正義感」を振りかざしてしまう人たちの特徴と心理を考える。

引用:KADOKAWA

ポイント

  • 自分が思う「正しさ」の基準から逸れていると、見過ごすことができずに、文句を言ったり、ムキになって糾弾したりする人がいる

  • 批判する人の中には「正義の人」だけではなく、日頃の鬱憤を晴らすかのように人を攻撃する「危ない人」も含まれる

  • 本人は正しいことをしているつもりであり、そのため攻撃の仕方は容赦せずに「危ない人」に変容してしまう原因となりうる

サマリー

はじめに

 落ち度のある人物、あるいは落ち度があると思い込んでいる人物をターゲットにして徹底的に叩く。

ネット時代になって、こうした行動が非常に目立つようになった。

自分が思う「正しさ」の基準から逸れていると、それを見過ごすことができずに、文句を言ったり、ムキになって糾弾したりする人がいる。

だが、周囲の人はそこまで事を荒立てる必要はないだろうと呆れる。

このように、落ち度があるかに見える人物を批判する人、何らかのクレームをつける人の中には、ほんとうに正しいことを主張している「正義の人」ばかりでなく、日頃の鬱憤を晴らすかのように人を攻撃する「危ない人」も含まれるのではないかと思わざるを得ない。

災難を避けるためにも、どのような人が「危ない人」なのか、その特徴を伝えていく。

「正しさ」をめぐる攻防


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次