MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【年収300万円FIRE 貯金ゼロから7年でセミリタイアする「お金の増やし方」】

インフォメーション

題名 年収300万円FIRE 貯金ゼロから7年でセミリタイアする「お金の増やし方」
著者 山口貴大
出版社 ‎KADOKAWA 
出版日 2022年02月17日
価格 1,540円(税込)

 20-50代の会社員にガチ売れで8万部 今イチバン売れているFIRE本

★日経新聞・王様のブランチ・プレジデント・夕刊フジ…メディア・SNSで話題沸騰★
★読者が選ぶビジネス書グランプリ2023/政治経済部門2位★
FIREは年収が高い人しかできないのだろうか?
違う。
年収1000万円あっても、できない人はできない。
一方、たとえ年収300万円で、貯金が0円しかなくても、やり方さえ間違えなければ計算上は7年で可能だ。

お金の「ある側面」に気づきさえすれば・・・。

では、99%の結果を変える、「ささいだけれども重要な1%の要素」とは何か?

「私がこの本で示したいのは、ぜいたくはできないものの、短期間に誰でも達成可能なFIREです。
 物質的なぜいたくではなく、『心のぜいたく』を満喫できるFIRE達成の方法をいっしょに考えませんか?」(本書より)

早期リタイアをしたいけど、お金のことがまったくわからない人。
お金の本は何冊か読んだけれど、早期リタイアできる気がしない人。
そんなあなたにオススメの「月の手取り20万円からの新しいFIRE術」の本ができました!

引用:KADOKAWA

 

ポイント

  • 4種類のFIREのうち、おススメは「サイドFIRE」

  • FIREまでのステップ 投資の資産をつくる→資産を運用する→資産が大きくなったらリタイア

サマリー

なぜ投資するべきなのか

3つの理由

投資が必要な理由は、大きく分けて3つ。

1つ目は給与(年収)が上がらないこと。

厚生労働白書によると1989年からの20年間でなんなら下がっている。

主要国の中で日本だけが実質賃金が下がっているというデータもある。

2つ目の理由は、超低金利であること。

現在のメガバンクの定期預金金利は、わずか0.002%。

お金を預けていても全く増えない。

3つ目の理由はインフレ。

インフレによってお金は増えないどころか価値は目減りしていく。

そんな日本では株式や不動産といった資産を持つことが大切だ。

富裕層の増える日本

前述した3つの理由を聞くと、お金持ちになることは不可能だと思うかもしれない。

だが、純金融資産保有額が1億円以上~5億円未満のいわゆる「富裕層」は増加している。

今では全世帯の2%、50世帯に1人は「富裕層」である。

しかも驚くことに、雑誌のアンケートによると資産1億円以上の人のうち、25%は年収500万円いかの会社員だ。

雑誌のアンケートというのは少し根拠として弱いものではあるが、年収が高くなくても資産形成をすれば富裕層になれるということだ。

資産を持たないと損をする

昨今、富裕層と貧困層の二極化が進んでいる。

2014年にベストセラーになった「21世紀の資本」では、「長期的にみると、資本収益率(r)は経済成長率(g)よりも大きい」ことが明らかにされている。

資本所得の伸び率は賃金の伸び率を上回るということだ。

つまり、富裕層はもっと富裕層になり、労働者はいつまでたっても損をする。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次