MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【東京下町殺人暮色】

読むのにかかる時間 約 5 分

目次

インフォメーション

題名東京下町殺人暮色
著者宮部みゆき
出版社光文社
出版日1994年10月20日
価格566円(税込)

登場人物

・八木沢 順

 13歳。中学1年生 

・八木沢 道雄

 順の父。警視庁捜査一課第七班

・幸田ハナ

 家政婦。大正14年生まれ

・後藤 慎吾

 順の中学校の友人。柔道部員

・川添警部

 警視庁捜査一課第七班。指揮官

・速水 俊

 所轄署刑事。新人

・篠田 東吾

 本名篠田四郎。日本画家の異端児

・才賀 英雄

 東吾の秘書。公認会計士

・才賀 英次

 英雄の息子。大学法学部2年 

・三坂先生

 中学校美術教師。今年赴任したばかり

・相沢 めぐみ

 事件被害者A 

・浮田 聡子

 事件被害者B

・大木 毅

 順の中学同学年。チェーンレターの容疑者

・中川 安奈

 映画好き。弟の悪行に悩まされる

あらすじ

※一部、ネタバレを含みます。

※本記事は要約記事ではなく、自身の言葉であらすじ及び感想を書いたものです。

新しい街・犯行声明

隅田川と荒川に挟まれた下町の借家で、八木沢道雄と息子順の生活が始まった。

道雄は警視庁捜査一課。

引っ越し先は職住近接で好都合だった。

この道50年の家政婦、幸田ハナを雇うと、順は直ぐにうちとけた。

11月の日曜日、荒川河川敷で散歩中の母子が、川を流れるビニル袋を目撃し、袋からはみ出た人頭髪を発見した。

一課から呼びだされた道雄は、荒川土手葛西橋近くでバラバラ死体を確認した。遺体は頭部と右手だった。

道雄は、所轄新人の速水刑事が第一発見者母子に接する姿に好感を持ち、捜査バディに速水を指名した。

道雄と速水は、通報のあったコスモ東大島マンション管理人の不法投棄を調べると、

何者かがバラバラ遺体の入った袋を駐車場に放置し、それを管理人が荒川へ知らずに投棄したことがわかった。

続く声明文から『日の出自動車』車中で頭部が発見され、鑑識は遺体の上あご前歯3本は差し歯と報告した。

ハナから「ある家で人殺しがあった。若い娘が殺された」と噂を聞かされた順は、後藤慎吾に噂を確認する。

噂の家は篠田東吾邸で、画家だった。

その夜、八木沢家の郵便受けに「しのだとうごはひとごろし」と書かれた便箋が投げ込まれた。

順は『篠田東吾』について美術教師の三坂に訊ねた。

三坂は、東吾の作品には、商業的価値と芸術性が両立しないと語り、代表作『火炎』の写真を順に見せた。

東吾に会おうと篠田邸へ向かった順は、塀に隠れる女と目が合った。

篠田邸内で順は、東京大空襲画『火炎』を見させてもらい、噂の件を訊いた。

すると東吾は「わたしを恨む敵はいっぱいいる」と答えた。

『傑作は火炎だけ』と寂しげに語る東吾を順は気の毒に思った。

殺人愉快犯

江戸川河川敷『高岡公園予定地』で右手と頭部欠損部の白骨化遺体が発見された。荒川の被害者A。

翌日、篠田邸玄関にバラバラ死体の右手一部が捨てられた。それは日の出自動車の被害者Bのものだった。

やがて鴻巣市雑木林で腐乱死体が出た。またもや被害者Bと判明する。

両遺体には性的暴行跡があり、犯人は複数と断定された。

道雄は才賀の息子英次を聴取した。

英次は『行動する婦人たちの会』で出会った相沢めぐみと一か月以上連絡がないと答えた。

警察は家宅捜査を開始。

めぐみのアパートから歯科診察券が発見され、めぐみの歯列矯正と被害者Aのものとが一致した。

行方不明だった友人の浮田聡子は、血液から被害者Bと判明した。

『行動する婦人たちの会』は「従来の少年法を改正し、15歳以上は成年と同じ刑事罰を適用せよ」と主張していた。

順は先日、篠田邸で見た女を再び見つけ問いかけた。

女は『去年マリエン――マリエンバートで会ったわね』と口にした。

にわか刑事

再び篠田邸で『火炎』を見た順は、逆さにみる面白さを慎吾から教わる。

すると『火炎』のだるま絵の逆さが才賀に酷似していた。

一方、チェーンレターの容疑者が大木毅だとわかった。

大木から話を聞こうと、川添警部が立ち会う中、順はまるで刑事のように聴取する。

大木はコンビニで才賀に叱られ、仕返しのつもりで噂話をつくり、順の家に手紙を投函した。

大木は篠田邸で『皆殺しの天使』ステッカーを貼った赤のスポーツカーと女を目撃していた。

  

マリエンバートで

順はビデオ・ショップで、『去年マリエンバートで』のビデオを見つけた。

映画好きな女とロゴ入りマッチ『シネマパラダイス』の繋がりから、順はハナと店に向かう。

『シネパラ』のマスターは女が「中川安奈」だと教えた。

順とハナは、安奈を訪ねた先で監禁された。

そこは、10代後半の少年ふたりが場を仕切り、安奈は言いなりだった。

こっそり仔細を話す安奈。少年たちは、少年法が身を守るからと犯罪を軽く考えていた。

横浜埠頭倉庫街で少年たちを見て脅えた才賀英次は、めぐみを置き去りにした。

残されためぐみは、少年たちに強姦殺害される。

息子の後始末に才賀英雄は少年たちと交渉した。

一方、道雄は英次に「才賀は何をしようとしているのか」と詰問した。

犯行声明も遺体のバラバラ行為もすべて父だと供述する英次。

才賀英雄が少年たちを殺害する可能性に気づいた道雄は、晴海へ急ぐ!

晴海埠頭で才賀の運転する車は少年を乗せ海面へ突進する。

スタント経験のある才賀の独壇場か!

死ぬか生きるかの瀬戸際――。

窮地の現場に道雄たちは駆けつけた。

すべては才賀英雄の計画だった。

子どもに振り回され、遺体をバラバラにするのは辛い仕事だったと語る英雄。

 東吾も嘘の供述で罪に問われる。

『火炎』のだるま絵は才賀英雄の父親だった。

東吾は東京大空襲で命を救われ、身代わりに才賀の父親則夫が亡くなった。 才賀に協力した理由は、「恩返しに協力を」と才賀に強要されたのが始まりだった。

ライターのコメント

八木沢順は行動力があり、推理力抜群だ。

父を尊敬し周囲にも気を配る愛情豊かな子。

素直で子どもらしい反面、大人びて考え深いところは父親のような刑事むき。

何事にも首を突っ込み、好奇心旺盛は家政婦ハナも同様。

ハナは信頼でき傍らに居てホッとする。推理が得意。経験を踏まえた想像力は冴える。

誰よりも冷静で、ここぞのアドバイスでポイントを外さないスーパーばあちゃん?

「家政婦の言葉や態度は世渡りのための武器」や「人は誰でも武装するもの」と教えるハナの言葉は頷ける。

深刻なテーマにもかかわらず、真っ当な判断や慎吾のコミカルさで楽しめる。

下町の都会化を憂うところは、近未来を暗示しているようだ。

「痛みがわかるには、想像力が必要」のハナの一言は、どこかの誰かに聴かせたいものだ!

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次