MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【介護ヘルパーは見た 世にも奇妙な爆笑!老後の事例集】

インフォメーション

題名 介護ヘルパーは見た 世にも奇妙な爆笑!老後の事例集
著者 藤原るか
出版社 幻冬舎
出版日 2012年9月26日
価格 858円(税込)

 

 統計によると75歳以上の4人に1人は一人暮らしが困難となるため、親の介護は決して他人事ではない。

実際に在宅の介護現場ではどんなことが起こっているのか、そのすべてがわかる一冊。

引用:幻冬舎

ポイント

  • 「介護」というと、つらく、しんどい行為のように思う方もいるかもしれない。そんなことはない。

  • 認知症のお年寄りを相手にする際には、「今日はそう来たか、なるほど」くらいに思いながら相手をしてあげることが大切である。

  • 介護環境もシステムも、人権保障という点でも世界に誇れるものにしたい。

サマリー

はじめに

親の介護について考えたことがあるだろうか。

核家族が当たり前になって祖父母と暮らした経験のない人が増え、人間が年を取って暮らしていくとはどういうことなのか、それをどうやって支えていくのか、まったくわからないという人が多いようである。 

親の介護は遅かれ早かれ、だれにでも訪れることである。

介護のことが何もわからずに、突然、親の介護が必要になったら慌てふためいてしまう。

そうならないためには、介護とは何か、いざというとき、どうすればいいのかを前もって知っておくことが大切である。 

「介護」というと、つらく、しんどい行為のように思う方もいるかもしれない。そんなことはない。

個性豊かなお年寄りと接することは楽しく、生き抜こうとする姿が大変愛おしく感じられる。

感謝をされると「ヘルパーをやっていてよかった」と心から思う。 

ぜひ「介護」とはどういうものなのかを知っていただきたい。

そして、親の介護が必要となった時、少しでもお役に立てればと願っている。 


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次