MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【自分の仕事をつくる】

インフォメーション

題名 自分の仕事をつくる
著者 西村 佳哲
出版社 筑摩書房(ちくま文庫)
出版日 2009年2月10日
価格 836円(税込)

 

 仕事とはなにか。
「いい仕事」はどこから生まれるのか。
仕事を「自分の仕事」にするためにはなにが必要か。

八木保を、柳宗理を、ヨーガン・レールを、パタゴニア社を、ルヴァンを、象設計集団を、さまざまな「いい仕事」の現場を訪ねた貴重な記録。

働き方が多様になってきた時代、迷ったら立ち戻りたい働き方のバイブル。
文庫化にあたり10年後のインタビューを2本追加。

引用:筑摩書房

ポイント

  • すでにあるモノたちと、どれだけいい形で出会うかが大事。

  • つくっている人や育てている人、食べている人とのつながりを大切にしなければならない。

  • 「いい仕事」とは嘘のない仕事。

サマリー

はじめに 

世の中にあるものすべて、誰かがつくったものである。

街路樹のような自然物でさえ、人の仕事の結果としてそこに生えている。

私たちは、生きている時間の大半を何かしらの仕事に費やす。

その累積が社会を形成している。 

それらの仕事は私たちに何を与え、伝えているのだろうか。

丁寧に時間と心がかけられた仕事に触れた時、私たちはうれしそうな表情をする。

「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」というメッセージを受け取ったような気持ちになるためだ。 

良いものをつくっている人はどんな働き方をしているのだろうか。

他の誰にも肩代わりできない「自分の仕事」を持つ人々を紹介していく。

働き方を考え直したいと思う方に参考になることであろう。 


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次