MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる 本当のフィナンシャル教育とは何か?】

 

インフォメーション

題名 金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる 本当のフィナンシャル教育とは何か?
著者 ロバート・キヨサキ
出版社 筑摩書房
出版日 2017年10月20日
価格 1,760円(税込)

これは学校では教えないお金の知識についての本だ。

金持ちがもっと金持ちになる理由は、本当のファイナンシャル教育にあった。

それは、「学校に行って仕事に就き、懸命に働いてお金を貯め、家を買い、借金を返し、株式に長期投資する」という、かつてのおとぎ話とはまったく異なるものだ。

本書は『金持ち父さん 貧乏父さん』の大学院版であり、あなたが今後生き残り、経済的に成功したいなら、この本が役に立つだろう。

引用:筑摩書房

ポイント

貯金をする者は負け組になる。紙幣の流通量が増えることによりお金の価値は下がっていくから。税金を抑え、借入れを上手に利用する金持ちはさらに金持ちになる。

収入は主に3つ。「勤労所得」「ポートフォリオ所得」「不労所得」である。金持ちは「勤労所得」を選択しない。

サマリー

金持ちはさらに金持ちになる。

貯蓄する人は負け組になる。

貯金する人は金持ちになれない。

2000年以降、世界は3つの市場暴落に見舞われた。

インターネットバブル崩壊のドットコム暴落、サブプライム問題の不動産暴落、巨大銀行の破綻による株式市場暴落である。

こういった大規模な市場暴落が起こるたびに、経済崩壊を避けるために多くの紙幣が発行される。

紙幣の流通量が増えるとお金の価値は下がり、その結果日本で銀行に預けても預金利率はほぼ0%である。

銀行にお金を預けるだけで逆に手数料を取られる。

つまり貯蓄する人間が損をする、負け組になるのである。

金持ちは税金を抑える


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次