MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

「前向きに生きる」ことに疲れたら読む本

インフォメーション

 

題名 「前向きに生きる」ことに疲れたら読む本
著者 南直哉
出版社 アスコム
出版日 2022年2月
価格 1,430円(税込)

「前向きに生きる」ことに疲れたら、後ろを向いてもいい。

「生きがいや夢を見つけなければ」
「友達を増やして人脈を広げなければ」
「今の仕事で結果を出さなければ」

といった、「○○しなければいけない」「○○すべきだ」という思い込みや価値観に縛られていませんか。
そんな考えに違和感を覚えたり、心が疲れてしまうのなら、別の生き方があります。

「生きる意味なんて見つけなくていい」
「人脈も友だちも要らない」
「置かれた場所で咲けなくていい」

本書には、いわゆる自己啓発書に載っているような、前向きでポジティブな言葉や理想論は一切ありません。

長年にわたり、人の悩みやつらさと向き合ってきた禅僧である著者が、うまくいかない現実・自分を受け入れ、どう生きていくかという、まったく別の視点からのリアルなメッセージを伝えてくれます。
人生、人間関係、恋愛、仕事…どうしようもないモヤモヤした感情を抱えているのなら、そっとページを開いてみてください。
きれいごとのない率直な38の言葉は、あなたの不安や迷いを断ち切るきっかけになるはずです。

※本書は、2017年7月に弊社より刊行された『禅僧が教える心がラクになる生き方』を改題し、一部加筆・修正したものです。

引用:アスコム

ポイント

  • あなたが「私」と呼んでいるものは、自分の「記憶」と他人の「承認」で成り立っている存在にすぎない。

  • 夢や希望が叶わなくてもがっかりすることはない。
    夢を本当に叶えたいと思うのなら、「ダメかもしれない」と覚悟の上で先に考える。

  • 人は「他人の海」で生きなければならないのだから、ストレスや葛藤がないわけがない。
    大事なのは、その波に巻き込まれたり、流されたりしないこと。

サマリー

あなたが大切にしている「自分」とは何か

人はたまたま生まれ、「自分」にさせられた

ほとんどの方は、「自分」を大切にしなければ、人生を充実させなければと考える。

では、その「自分」とは何か。

たとえば、朝起きて今までの記憶がすべてなくなっていたら、今あなたが思っている「私」はそこに存在しない。

あるいは、まわりの人間がすべて、あなたのことを別人のAさんだと言い出したら、どうするだろう。

あなたが「私」と呼んでいるものは、自分の「記憶」と他人の「承認」で成り立っている存在にすぎない。

人の存在は、生まれた瞬間に「他人に着せられた服」を着続けているようなものである。

生まれる日も、場所も、性別も、自分で選んだわけではない。

この世にたまたま生まれ、他人から「自分」にさせられたのだ。

その「自分」を受け入れるためには、人から認められなければならない。

だから人間の最大の欲求は“他人から承認されたい”ということなのである。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次