MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【きみのお金は誰のため】

題名 きみのお金は誰のため
ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」
著者 田内 学
出版社 東洋経済新報社
出版日 2023年10月
価格 1,650円(税込)

 

元ゴールドマン・サックスのベストセラー作家が描く、青春「お金」小説!子どもでも楽しめて大人の教養になる!ラストで泣ける物語!

◆本書のあらすじ◆
ある大雨の日、中学2 年生の優斗は、
ひょんなことで知り合った投資銀行勤務の七海とともに、
謎めいた屋敷へと入っていく。
そこにはボスと呼ばれる大富豪が住んでおり、
「この建物の本当の価値がわかる人に屋敷をわたす」と告げられる。
その日からボスによる「お金の正体」と「社会のしくみ」についての講義が始まる 。

プロローグ 社会も愛も知らない子どもたち
第1章 お金の謎1:お金自体には価値がない
第2章 お金の謎2:お金で解決できる問題はない
第3章 お金の謎3:みんなでお金を貯めても意味がない
第4章 格差の謎:退治する悪党は存在しない
第5章 社会の謎:未来には贈与しかできない
最終章 最後の謎:ぼくたちはひとりじゃない
エピローグ 6年後に届いた愛

引用:東洋経済新報社

ポイント

  • お金には価値がない。その証拠に、毎年、30兆円ものお金が燃やされている。

  • お金は1人ひとりにとっては価値があるが、全体では価値が消える。

  • 価値を感じていても、使うかどうかは本人次第と言える。

サマリー

プロローグ

「しょせんは10キロの紙切れや」

その男は、積み上げた1億円の札束の山をボンとたたいてそう言った。

中学2年生の佐久間優斗(さくまゆうし)は、自分の手のひらが汗でしめっていくのを感じた。あまりに現実離れした光景に、映画かネット動画でも観ている感覚になる。

お金はずるい。だからこそ、自分のお金を儲けたい。それが優斗の素直な気持ちだった。

この男に出会ったとき、お金のもうけ方を教えてもらえると思っていた。ところが、彼が語り始めたのはお金の正体というわけのわからない話。

妙なことに巻き込まれたとは思ったが、行先のわからない特急列車に飛び乗ったような興奮を覚えた。

「お金自体には価値がない」

ボスと呼ばれる男が、お金の3つの謎を教えてくれるという。

だけど、「お金には価値がない」という1つ目の謎の答えにすら、まだたどり着けていなかった。

「どこ、寄り道していたのよ」

厨房から母が顔を出してきた。

客がいる手前、声のトーンを抑えていたが、明らかに不機嫌そうだ。

錬金術師の屋敷でお金の話を聞いていた。と正直に話しても信じてもらえないだろう。

「ビール、もう1本ちょうだーい」という客の注文に助けられた。

母がビール瓶のフタを開けているすきに、厨房の横の階段を駆け上がり、住居のある2階へと駆け込んだ。

自分の部屋に入ると、疲れがどっと出てきた。

優斗はベッドに横たわると、仰向けになって右手を見つめた。

さっきの感触がよみがえる。

つい2時間前、初めて札束を触ったときのことを優斗は思い返した。

燃やされるお金


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次