MENU

ホーム

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【ザ・インターナルブランディング】 

インフォメーション

題名 ザ・インターナルブランディング 
著者 栗原隆人  鵜川将成 著
出版社 同友館
出版日 2021年01月
価格 1,760円(税込)

インターナルブランディングによる企業変革を小説仕立てで解説。登場人物にはさまざまな理論や事例を語らせながら、組織変革に関わる人々の感情の変化を描き、プロセスを追体験、成功イメージを形成させます。読書を楽しみながら、インターナルブランディングの考え方が身につきます。

引用:同友館

ポイント

  • インターナルブランディングは、組織風土改革やビジョン浸透などと言い換えることもできるが、組織の温度を上げ、自分から行動する社員を増やして、健全な組織へと改革していくことなのである。

  • 組織改革の第一歩は、会社の中で今何が起きているかを、できるだけ正確につかむことである。

サマリー

はじめに

2020年、あまりにも突然に私たちの環境は大きく変化した。

未来がどうなるかわからない不安と、リモートをはじめとする顔の見えない働き方の中で、組織への帰属意識が下がり、挑戦に対して臆病になる現状が見えてきた。

一方で、会社に対して愛着を感じている人も増えている。

仕事が楽しくて、チームを愛する人々が協力し合い、素晴らしいことを成し遂げる。

そんな企業が一定数存在するのだ。

インターナルブランディングは、組織風土変革やビジョン浸透などと言い換えることもできるが、組織の温度を上げ、自分から行動する社員を増やして、健全な組織へと改革していくことなのである。

組織改革の立ち上げ

企業の組織変革の立ち上げは、課題意識を持った数人のメンバーから生まれる。

さらに、トップの意図を汲み、志を同じく持つ現場のリーダーを任命するのだが、必ず満たして欲しい条件がある。

一つは、専任の担当者を置き、特にリーダーは専任にすること。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次