MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【140字小説 – 「1話30秒」の意味が分かるとゾクッとする話 -】

インフォメーション

題名 140字小説 – 「1話30秒」の意味が分かるとゾクッとする話 –
著者 方丈海
出版社 ワニブックス
出版日 2022/12/23
価格 ¥1,210(税込)

 

 Twitterで話題の“超”短編小説が待望の書籍化!

ミステリー、ホラー、感動する話、ブラックジョークetc.
奇想で多彩な161話

Twitterで発表された人気作から厳選した作品に加え、
書き下ろし140字小説と短編も収録。
わずか140字の中で繰り広げられる意外なオチの連続に、
大人も子供もハマること間違いありません!

※小学校高学年以上から読めるように、小学5年以上の学習漢字と読み方にふりがなを振っています。

引用:ワニブックス

ポイント

  • 同窓会があったんですか…?

  • 弟と兄の心の距離が縮まるには、何年かかるでしょうか。

  • 樹の役となった山田君だけが、輝いて見えた。

サマリー

はじめに

「140字小説」とは、ツイッターの日本語の文字数である140字以内で完結する小説です。

書籍化にあたり、改行や半角文字などの数え方をツイッターの仕様と一部変更しています。

またタイトルと解説は、140字の文字数には含みません。

140字小説

『悲しい事件』

同窓会 ≧ 高橋。

チャイムに出ると、警察が立っていた。

「あなたの旧友である高橋さんが、先日の同窓会の後、殺害されました」

僕は驚愕した。

「そこで、当日の様子をあなたからもお伺いしたく…」

「ちょ、ちょっと待ってください!」

「はい」

同窓会があったんですか…?

『殺人カメラ』


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次