MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【死ぬほど読書】

インフォメーション

題名 死ぬほど読書
著者 丹羽宇一郎
出版社 幻冬舎
出版日 2017年7月28日
価格 858円(税込)

 

 もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。

すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。

自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。

ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。

ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。

伊藤忠商事前会長、元中国大使でビジネス界きっての読書家が、本の選び方、読み方、活かし方、楽しみ方を縦横無尽に語り尽くす。

引用:幻冬舎

ポイント

  • 読書という行為は考えることを伴うので、得た情報が知識に直結しやすい。「何も知らない」と知ったうえで読書に向き合うことで、人は各段に成長するのである

  • 論理的にものを考える力は、人がよりよく生きていくうえで欠かすことはできない。その力を鍛えるためには「考えながら読む」ことが大切だ

  • 深く豊かな生き方には、たくさんの経験とたくさんの読書が欠かせないのである

サマリー

はじめに

大学生による、「本は読まないといけないものなのか?」という新聞の投書が、大きな反響をよんだ。

現代人の読書時間が極端に減ってきているのは明らかであり、投書した学生と同じような考えを持つ人たちは、かなり増えているに違いない。

しかし、読書を軽視する人はとても大きなものを失っているように思う。

それは「自分の頭で考える」という知の力である。

読書はその力をこの上なく鍛えてくれ、自由な世界へ導いてくれるのだ。

本に代わるものはない

本の時代が復活する

本がかつてほど売れなくなったのは、ネット社会の影響であることは明らかだ。

しかし、ネットではでたらめなニュースや情報が飛び交っているという側面が問題視されてきた。

その点で本は、誰が発信しているかがはっきりしており、「信頼性」という強みがある。

書き手を信頼し、安心して読み進められる本は、その価値が再び見直されるのではないだろうか。

読みながら考えないと身につかない


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次