MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【入社1年目から使える「評価される」技術】

インフォメーション

題名 入社1年目から使える「評価される」技術
著者 横山信治
出版社 かんき出版
出版日 2012年11月19日
価格 1,430円(税込)

 

 

昨日よりたった数回、「評価される」技術のアクションを
増やすだけで、人生が大きく変わる!

「一生懸命努力しているのに、まわりがわかってくれない……」
「結果を出しているつもりなのに、褒められない、給料が上がらない」
「同期入社の人が、なぜか自分より先に出世している」

本書は、日々このような悩みをお持ちのあなたにおすすめです。

どれほどの努力をして実績を残したところで、
まわりから「評価される」ことがなければ、
どんな努力も水の泡となります。

組織内における「評価」とは何か?
「評価される人」になるにはどうすればいいのか?
具体例を踏まえ、その原理原則から複雑多岐にわたる
コミュニケーションの問題までわかりやすく解説。

会社人生、はては世の中で成功するために
不可欠なノウハウが満載の一冊!!

引用:かんき出版

ポイント

  • 人は、他者から評価されることを通じて「自己重要感」を満たす生き物である。すべての人間が、常に「自分を認めてほしい」と望んでいるのだ。

  • 上司に好かれるためには、上司を好きになる必要がある。

  • どんなに有能な人でも、能力だけでは成功することはない。能力以上に大切なのが「味方」である。

サマリー

はじめに

ビジネス、人生において「評価される」ことは非常に重要である。

どれほどの努力や実績を残しても評価されなければ意味がないのだ。

他者から評価されるためには「評価される技術」が存在する。

本書を通じて人間心理の原理原則を理解し、評価されるための技術を身につければ、きっと人生が大きく変わるに違いない。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次