MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法】

インフォメーション

題名 働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法
著者 越川 慎司
出版社 日本実業出版社
出版日 2020年7月30日
価格 1,650円(税込)

 

 ポスト・コロナの知的生産術。

元マイクロソフト役員として2017年から「リモートワーク」「週休3日」を導入、600社・16万人を変えた、時短とハイパフォーマンスを同時に実現する「新しい働き方」。

ぜい肉時間を減らして、筋肉時間に注力せよ!

引用:日本実業出版社

ポイント

  • 労働時間を減らすだけの時短は生産性が落ちる。

  • 成功している企業は、未来に必要な時間への再配置をやっている。

  • 「当たり前の仕事」を疑うことから改善は始まる。

サマリー

はじめに

労働時間の削減を目指す企業が増えている。

同時に成果を上げることへの圧力も高まっている。

より少ない労力で大きな成果を残す人材こそで、現代の社会で生き抜くことができる。

本書では、正しいところにエネルギーを注ぎ、少ない時間で大きな成果を上げる働き方を紹介する。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次