MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【答えを急がない勇気 ネガティブ・ケイパビリティのススメ】

インフォメーション

題名 答えを急がない勇気 ネガティブ・ケイパビリティのススメ
著者 枝廣 淳子
出版社 イースト・プレス
出版日 2023年02月22日
価格 1,980円(税込)

 

 

判断を迫られる数々の場面

会社・学校・家庭・地域社会……

早さ・効率だけでは解決しない!

「わからない」不安を受け容れ、正解がない問題に向き合うための処方箋

VUCAの時代にあって、より質の高い解決策を見出すために、あえていったん立ち止まり、物事の本質を見極めることの大切さ。ネガティブ・ケイパビリティの基本的なエッセンスの解説から、その高め方、具体的事例までをトータルでお話しします。

引用:イースト・プレス

ポイント

  • 「ぱっと理解し、ぱっと反応する」というような、クイック・ソリューションが求められる時代に重宝されるのは、「ポジティブ・ケイパビリティ」だ。現代は「生まれてから死ぬまで、人生すべてポジティブ・ケイパビリティ」の時代ともいえるだろう。

  • ポジティブ・ケイパビリティの発揮は、「その能力を発揮すべき問題が分かっていること」、そして、「その能力を発揮するやり方を知っている、または学ぶことができること」が前提となっている。こういった前提が成立しない時に登場するのが、ネガティブ・ケイパビリティなのだ。

  • ネガティブ・ケイパビリティとは「不確実性を許容する高度な能力」だ。予測できない不安や脅威に押し流されることなく、不確実であることを受け容れる能力がネガティブ・ケイパビリティであり、敢えて、わからなさの中にとどまり続ける、「持ちこたえる能力」、「待ち続ける能力」とも言える。

サマリー

答えを急いではいけない時がある

ポジティブ・ケイパビリティの時代

現代は「VUCAの時代」と言われる。

不安定(Volatility)、不確実(Uncertainty)、複雑(Complexity),不明瞭(Ambiguity)を特徴とする、複雑で先の見えない時代なのだ。

こうした世情を反映してか、かつてないほど「素早さ」、「問題解決」、「わかりやすさ」が重要視されてきている。

とにかく時間を有効活用し、無駄な時間を削ろうという風潮が強く、「コスパ」(コストパフォーマンス)だけでなく、「タイパ」(タイムパフォーマンス)が大事なモノサシになりつつある。

また、「わかりやすさ」も同様で、インターネットの世界を中心に、短くて端的な物言いや「白黒をつける」やり方が好まれ、検索して手軽に「答え」を得ることが当たり前の時代である。

「ぱっと理解し、ぱっと反応する」というような、クイック・ソリューションが求められる時代に重宝されるのは、「ポジティブ・ケイパビリティ」だ。

現代は「生まれてから死ぬまで、人生すべてポジティブ・ケイパビリティ」の時代ともいえるだろう。

ネガティブ・ケイパビリティはもう一つの大事な能力


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次