MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【自分革命 脳を成長させて思い通りに生きる方法】

インフォメーション

題名 自分革命 脳を成長させて思い通りに生きる方法
著者 一色 真宇
出版社 KADOKAWA
出版日 2014年11月20日
価格 1,540円(税込)

 

ムダな努力がなくなる考え方とは? これ1冊で人生も夢も願いも思い通り!

年齢がいくつであろうと、脳を成長させて、深層意識に隠された思考をコントロールする方法を紹介。この本を読めば「疲れた」「面倒くさい」「仕方がない」がなくなり「生きがい」「やりがい」が自然と見つかります。

引用:KADOKAWA

ポイント

  • 私たちは皆、ふたつの脳を持っている。ひとつは未発達な子ども状態の脳、もうひとつは仕事などで使う大人の脳だ。

  • 脳が大人仕様になっている部分が多ければ、新しい機能を使うので、今よりラクに仕事ができるようになるが、幼児期設定の古い子どもの脳では、仕事が苦しくなる割合が高くなる。

  • 古い子どもの脳を変えるためには、深層意識から変えなければならない。3ステップで、脳の深いところに自己暗示をかけ、子どもの脳の考え方を変えていくのだ。

サマリー

なぜ、あなたは思い通りに生きられないのか

私たちはふたつの脳を持っている

私たちは皆、ふたつの脳を持っている。

ひとつは未発達な子ども状態の脳、もうひとつは仕事などで使う大人の脳だ。

これは脳科学的にも知られているが、大脳辺緑系の古い原始な脳、これが子どもの脳で、感情に支配される部分になる。

これに対して、人類がもっとも発達している前頭葉は、25〜30歳くらいに成熟するといわれ、大人になってから使う脳だ。

自分は大人の脳だと考えている人が多いだろうが、実は主に使っているのは大脳辺緑系の古い子どもの脳なのだ。

私はこれまで5000人以上の人の心理を覗いてきたが、残念ながらほとんどの人が子どもの脳だ。

しかも、大人の脳を使うことは3割程度しかない。

立派な大人として、仕事や家庭を持っているのに、まだ子どもの脳に支配されてるとは信じられないであろうが、これが現実である。

自分は思い通りに生きられないと感じていないか。

成功している人は、大人の脳が十分に発達していて、その部分を使って生きているので、仕事もできて、思い描く通りの人生になっている。

逆にいえば、子どもの脳を成長させれば、能力が高まって効率もよくなり、成功する人に変化できるはずだ。

子どもの脳の割合が多いと成果が出せない


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次