MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【脳内整理ですべてうまくいく!】

インフォメーション

題名 脳内整理ですべてうまくいく
著者 菅原洋平
出版社 日本文芸社
出版日 2017年6月25日
価格 1,287円(税込)

 仕事がはかどらない、イライラする、疲れる……、これらはすべて脳の容量オーバーのサイン。後でやる仕事を付箋に書いてパソコン画面に貼っておく、ベッドの上でスマホをチェックなど、無意識にやっている行為が脳エネの無駄づかいにつながり、肝心なことに注ぐエネルギーをなくしてしまうことになる。医療現場で実証されたスキルの実践で、脳が気持ちよく働き出す!

引用:日本文芸社

 

ポイント

  • 脳の最大の特徴は、省エネ設計であることだ。「脳は使うほどパフォーマンスが上がる」という考えは、脳の仕組みには合っていない。人の脳の中で日常的に行われていることは、できるだけ使う部位を少なくして、エネルギー効率を高めることなのだ。

  • 脳のエネルギーが望ましい行動に使われるようにうまく誘導することが、慢性的な疲れから脱却し、自分の力を発揮するカギになる。

  • 今の自分にとって最も重要な行動を、脳の治療ではアンカーアクティビティと呼ぶ。自分がエネルギーを費やすべきことの出来具合を評価軸にすれば、脳と協業して省エネ戦略に取り組むことが出来る。

サマリー

脳が働きやすい環境をつくる

脳の効率アップは、多くの人たちが求めることだ。

そのために、私たちがすべきことは脳の省エネであり、本書のテーマである。

現代は、常にやるべきことを複数抱えながら生活している。

これは、脳に複数の仕事を与えていることになるが、脳は、基本的に一つずつしか仕事をこなすことが出来ない。

だからこそ、脳に与える仕事を減らす省エネの技術が必要になる。

脳のエネルギーの無駄遣いを省き、本当に重要な仕事にエネルギーを注げる脳をつくることが重要である。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次