MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ】

インフォメーション

題名 45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ
著者 藤原和博
出版社 筑摩書房
出版日 2021年6月14日
価格 880円(税込)

 

 「40代半ばの決断」が人生全体の充実度を決める。将来に対する不安と迷いが消え、元気が湧いてくる人生戦略論。巻末に為末大氏との対談を附す。

引用:Amazon

ポイント

  • 45歳という年代は自分自身を信じることの危機に直面する。本書が、もう一度、自信、あるいは自己肯定感(セルフエスティーム)を取り戻し、40代の危機からの脱出に役立てることを願う。

  • 人生のモードを変えようとするなら、3つほどの有効な方法がある。1つ目は「病気を武器にすること」、2つ目は「海外に出ること」、3つめは「自分の思いや悩み、不安に思うことを書いてみること」だ。

  • 信用(クレジット)が大きい分だけ、人生の自由度が高くなり、自分の夢やビジョンが実現しやすくなる。

サマリー

はじめに

本書は、45歳前後の読者に向けて書かれた新しい人生の教科書である。

この年代は、仕事の責任が圧倒的に増し、部下の失敗のカバーもしなければならない。

中間管理職の場合は、なんとなく立場が浮遊して、仕事のできない人になる恐怖もある。

また、家族のためと信じて仕事に打ち込んできたが、パートナーは独自のコミュニティを作り始め、子どもたちの親離れも進んでいく。

世代全体としても、精神疾患の比率が高まり、自殺者や病気での死亡率も高まる。

このように、自分自身を信じることの危機。

金融的な意味ではない、もっと本質的な意味での信用(クレジット)の危機である。

本書が、もう一度、自信、あるいは自己肯定感(セルフエスティーム)を取り戻し、40代の危機からの脱出に役立てることを願う。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次