MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【戦略としての家庭マネジメント 仕事のパフォーマンスを最大化する】

インフォメーション

題名 戦略としての家庭マネジメント 仕事のパフォーマンスを最大化する
著者 藏本 雄一
出版社 ぱる出版
出版日 2023年1月27日
価格 1,540円(税込)

 

 家庭を制するものはビジネスを制す!
カギは家庭での「心理的安全性」だった――

仕事で結果を出したければ、家庭を円満にしておく必要がある――
家族がいると、仕事で覚醒する場合がある。なぜなら、大切なのは「心理的安全性」。 安心できる場所があってこそ、挑戦する勇気が生まれるから。
そう語るのは、3000人を変えた婚活・夫婦関係のプロである著者。

「仕事にプライベートを持ち込むのはプロ失格」「仕事が最優先で家庭は後回し」という考え方から 脱却し、パートナーや家族をしっかりとケアして主体的に運営することで、 仕事の生産性upにつなげていきましょう。

時間管理・チーム運営・リスク管理・コミュニケーション
仕事の生産性upに効果テキメンな1冊です。

引用:ぱる出版

ポイント

  • 話し合ってお互いに理解し、2人が望む形を作る。

  • 自分の幸せを追求しても、パートナーや子供の幸せを知っていなかったら、人生の方向性がズレていく可能性が高い。

  • 最終的に主人公は、男性マンガでは英雄になり、女性マンガでは新しい世界にいく。

サマリー

家庭を円満に保つメリット

多くの男性は、自分のためだけに努力してパフォーマンスを上げるには限界がある。

男性が覚醒する要素は、愛する人の存在、ライバルの脅威、理想の未来と現実とのギャップである。

これらは、仕事より家庭に含まれている。

夫婦の間に「心理的安全性」が確立されており、何を話しても安心という関係性が築けていれば、仕事のパフォーマンスも上がる。

安心できる場所があってこそ、日頃のプレッシャーが緩和され、挑戦する勇気がチャージされるのである。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

読書管理アプリ「Booklife」と連携しました

要約の管理は Booklife!

目次