MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【安倍さんはなぜリベラルに憎まれたのか – 地球儀を俯瞰した世界最高の政治家 -】

インフォメーション

題名 安倍さんはなぜリベラルに憎まれたのか
– 地球儀を俯瞰した世界最高の政治家 –
著者 八幡和郎
出版社 ワニブックス
出版日 2022年8月29
価格 ¥1,430(税込)

 

狙撃事件の犯人を生み出したのは〝反アベ無罪〟を煽った空気だ!
「命が狙われて初めて政治家」と言った安倍晋三の覚悟。
「安倍をたたき斬ってやる」と言った人たちの屈折した心理。
世界で通用しない珍奇な日本の「偽リベラル」の深層。
偉大な政治家の本当の値打ちを鮮烈に描き出す衝撃の一冊! 安倍元首相が著者に遺した未公開の言葉も掲載。

〈出版社より〉
『歴代総理の通信簿』『日本の上流階級』『江戸300藩最後の藩主』などの執筆で知られる著者は、「安倍=岸」という近代日本を代表する名門を語らせては最高の人である。安倍元首相本人の遺言とも言える未公開インタビューも交えながら明らかにする、世界が尊敬した偉大な政治家の本当の値打ちを鮮烈に描き出す衝撃の一冊。

引用:ワニブックス

ポイント

  • 歴代総理の中でも最高クラス、世界の同時代の指導者のなかでも抜きんでた存在だった。

  • 安倍さんの知名度は、世界のリーダーたちのなかで遜色のないものになってきていた。

  • ウクライナ紛争のときは、世界から安倍さんが仲介に乗り出せるひとりだという期待が集まった。

サマリー

はじめに

21世紀初頭の世界で、安倍晋三元首相は、最高の政治家だったと世界史に記憶されるであろう。

それだけに、理不尽な憎しみを掻き立て、「反アベ無罪」の空気を作り上げて、テロ事件を引き起こした「偽リベラル」の大罪を許すわけにはいかない。

一方的な安倍礼賛本にするつもりはないが、歴代総理の中でも最高クラス、世界の同時代の指導者のなかでも抜きんでた存在だった安倍さんのありのままの肖像を本書で描き出したいと思う。

なぜ安倍晋三はテロの犠牲者になったのか

珍しいことではない政治的テロの教唆

ある大統領が暗殺されたとする。しかし、犯人が野党勢力の支持と支援で犯行に及ぶことなどめったにない。そんなことをして相手に尻尾を掴まれたら、今度は自分たちが潰されるからだ。

そういうときは、この政治家は殺されても仕方ないという雰囲気をつくり、馬鹿な暗殺者が出るのを待つのである。

場合によっては、恨みを持つ人を見出して、焚きつけて間接的に暗殺実行を助けることもあるだろう。

こうした間接的な政治テロ教唆が容認される、あるいは責任を問われないなら、また同じ手法でテロを教唆する輩が現れる。こうして悲劇は繰り返されるのである。

安倍さんを統一教会の宣伝塔と誤解させる悪魔の手口


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次