MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【ミッション 私たちは何のために働くのか】

インフォメーション

題名 ミッション 私たちは何のために働くのか
著者 岩田松雄
出版社 アスコム
出版日 2023年5月16日
価格 1,694円(税込)

 

 「やりたいことが見つからない」
「働く理由がわからない」
その悩みを解消するヒントを元スターバックスCEOが伝授!

なぜ、人々はスターバックスに行くのか。
なぜ、「スターバックス」と
「スターバックスに似たコーヒーショップ」を
明確に区別しているのか。

それは、スターバックスには
人々を魅了する「何か」があるからです。

その「何か」を生み出すのが、
企業と働き手たちの
「ミッション(使命)」に他なりません。

本書では、スターバックスとザ・ボディショップで、
ブランドを見事に再生させた経営者である著者が、
その経験を紐解きながら、
「働くことの本質的な価値」を探すヒントをお伝えします。

自分自身の「ミッション=働く理由」を見つけることができれば、
「やりたいこと」や「自分が本当に納得できる働き方」も
手に入れられるはずです。

※本書は、2012年10月に弊社より刊行された『ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由』を改題し、加筆・修正したものです。

引用:アスコム

ポイント

  • スターバックスに人々を魅了する”何か”がある。その”何か”を生み出すのが企業と働き手たちのミッション(使命)だ。

  • 使命感こそが、人々の期待を大きく超え、感動を呼び、社会を好転させる源泉になる

  • 「自分はなぜ働くのか」「自分は何のために働くのか」を自発的に考え、そして、自分のミッションを構築することが本書のゴール

サマリー

はじめに

なぜ、人々はスターバックスに行くのか。

なぜ、「スターバックス」と「スターバックスに似たコーヒーショップ」を明確に区別しているのか。

それはスターバックスに人々を魅了する”何か”があるからである。

そして、その”何か”を生み出すのが企業と働き手たちのミッション(使命)に他ならない。

スターバックス・インターナショナルの元社長ハワード・ビーハーは「私たちは人々のお腹を満たしているのではない。心を満たしているのだ」

「ザ・ボディショップ」の創業者アニータ・ロディックも「ザ・ボディショップは単に利益を上げる企業ではなく、社会貢献をして、世の中を変えていく」という強い信念を持っていた。

世界を変えてきた人たちは、何かに「突き動かされるように」生きている。

単なる自己満足のためではなくミッションを持って闘っている。

その使命感こそが、人々の期待を大きく超え、感動を呼び、社会を好転させる源泉になると私は信じている。

働くとは何か


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次