MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【真夜中のディズニーで考えた幸せに働く未来】

インフォメーション

題名 真夜中のディズニーで考えた幸せに働く未来
著者 鎌田 洋
出版社 河出書房新社
出版日 2023年6月27日
価格 1,452円

 

ディズニー全スタッフを指導・育成した著者から魔法を持たない私たちへのメッセージ。

夜間清掃という仕事と向き合い学んだ「仕事」と「人生」。理想と現実の狭間で働き方を考える一冊。

*本書は2014年9月小社刊『真夜中のディズニーで考えた働く幸せ』に加筆・修正し、新装・改題したものです

引用:河出書房新社

ポイント

  • ディズニー憧れ、あきらめずに挑み続けた著者は5回目のチャレンジで「内定」をもらった。

  • 「カストーディアル」のもともとの意味は「美の管理人」であり、単なる掃除人ではなく、美しさを維持し、向上させるキャストという存在なのだ。

  • かつて、手紙の中で「世界で一番美しいパークを作ります。そこでは、誰もごみを捨てたりしないでしょう」と書いた。ディズニーランドは今その通りになっている。過去は変えられないが、未来は変えられる。

サマリー

はじめに

東京ディズニーランドがオープンしたのは、1983年4月15日。

その時、著者はオープニングスタッフとして、ディズニーランドで働いていた。

28歳でディズニーの世界に憧れ、31歳でようやく夢を実現できたのだ。

その夢を実現するまでの山あり谷ありの日々、働き始めてからの経験を元に、前途洋々たる若い人に向けてこの本を書いた。

学生、社会に出て間もない人、転職に悩む人、夢が忘れられないもっと大人の人にも、ぜひ読んでほしい。

人はいつも悩み、傷つきながらそれを乗り越えていくこと、楽しくエキサイティングな未来は、誰かに与えられるものではないこと、最初から「あきらめる」という選択肢を選ばないこと、もしも、強く望むなら、その意思が強いほど夢も叶うこと。

著者のエピソードから、何かを感じてもらえれば嬉しい。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次