MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

プロフィール/パスワード変更

My本棚

会員登録【7日間無料】

【「プロ」に外注】

インフォメーション

題名 「プロ」に外注
著者 大澤 亮(おおさわ・りょう)
出版社 クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
出版日 2023年12月22日
価格 2,068円(税込)

神田昌典氏(経営コンサルタント・作家)推薦!
「論より証拠。プロ人材活用の結果、たった1年で一流企業18社と新規取引成立。」

優秀な人を、今すぐ、低コストで。

人材を採用できない――。どんな企業にも共通する課題だ。労働人口の減少が叫ばれる中で、人材採用のハードルはどんどん高くなっている。
一方で、「自分の能力をもっと生かせる場所で働きたい」と考える人も多い。フリーランスや個人事業主として働き、得意分野に特化して企業の課題を解決する。
両者を結びつけることができれば、企業の生産性や個人の待遇は飛躍的に向上する。それを実現するのが「プロ人材」の活用だ。企業にとって、今必要なポジションに、優秀なスキルを持った人材を結びつける。待遇面で正社員としては採用が難しいような人材であっても、低コストで仕事を任せることができる。
業界初、プロ人材と企業のマッチングサービスを展開する著者が、停滞する日本経済を再生させる最大のカギについて語る。

引用:Amazon

ポイント

  • プロ人材とは、「専門的なスキルを持ち、それを本業として成果にコミットできる優秀な人」と定義している。

  • プロ人材活用の最大の特徴は、予算内に採用できて、正社員層をはるかに超える優秀な人材を、即活用できることだ。

サマリー

はじめに

多くの企業は、優秀な人材が社内に不足していると悩んでいる。

そんな中で、フリーランスや起業する人は、年々増え続けているのだ。

彼らは「業務委託契約で働きたい」というニーズを持ち、優秀かつ成果へのコミットメント力も高いため、「プロ人材」といえるだろう。

「プロ人材」は、ただのフリーランスではない。

その多くは、一流企業でMVPを受賞するなどの経歴を持ち、年収も高く、正社員としてはなかなか採用できないような人たちだ。

全国の企業が「プロ人材」を活用することができれば、日本の人材不足という大きな問題は、解決できるのではないだろうか。

「プロ人材」が日本を救う

「その道のプロ」を採用できる

当社は「キャリーミー」という業務委託契約のマッチングサービスを提供している。

成果にコミットする優秀な「プロ人材」をキャスティングすることで、企業の困りごとを解決しているのだ。

プロ人材とは、「専門的なスキルを持ち、それを本業として成果にコミットできる優秀な人」と定義している。

優秀なだけでなく、「成果へのコミットメント力が高い」ということもポイントであり、成果が出なければ契約を解約、もしくは減俸の提示もあるのだ。

登録されているプロ人材は、職種も属性もさまざまである。

さらにライフスタイルもそれぞれで、子育てをしながら仕事をしている人や、自社で社員を抱える経営者の登録もある。

いま、欲しい人材が手に入る


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次