MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学 】

インフォメーション

題名 眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学 
著者 亀田達也 監修
出版社 日本文芸社
出版日 2019年8月27日
価格 935円(税込)

 「社会心理学」は、心理学の中でも重要かつ人気のジャンル。個人同士の協力、競争、攻撃、援助など「他者との関係」、そして集団、組織など個人を取り巻く「社会との関係」をテーマとする「社会心理学」を、わかりやすく、かつ堅苦しくならないように図解・イラストを用いて紹介する。「社会現象と心理学」、「職場における心理学」「社会の在り方と心理学」など、現代日本において興味深く読めるような身近なテーマを立てて、さらにこれまで行われた心理実験と結果など、「心理学」全般の内容を誌面に取り入れて解説する。会社、学校、家庭、友人ーー集団や社会の中の個や対人関係の本質、行動原理を社会心理学から読み解く1冊!

引用:日本文芸社

 

ポイント

  • 社会心理学とは人びとの心の動きや行動を分析し、原因を究明することでなぜそのような行動をとるに至ったかを研究する学問である。

  • 「フット・イン・ザ・ドア」といい、まずは小さな要求から受け入れさせ、その流れで本来の要求を成功させるテクニックがある。ストレートに本来の要求だけを承諾させようとした場合よりも成功率が高い傾向があるのだ。

  • 経済学では、人は合理的な判断をするものだと思われてきたが、そうでもないことが分かった。それを裏付けるのが、ダン・アリエリー博士の「おとり効果」の実験である。

サマリー

社会心理学とは?

社会心理学とは人びとの心の動きや行動を分析し、原因を究明することでなぜそのような行動をとるに至ったかを研究する学問である。

社会心理学のテーマは、「個人の心理」「個人対個人」「集団の中での個人」と幅広く、さまざまな問題を解決する糸口になっている。

いわゆる偏見やステレオタイプはどうやって生まれるのか?

かつてのハロウィン暴徒化や企業の組織ぐるみの不正など、そこに属する個々人はその行為が悪いと分かっているはずなのに、なぜ起こってしまうのか?

こういった日常にある事例から社会心理学を学び、違った視点で世の中を見ていくことで新たな発見があるはずだ。

社会現象と組織・集団の心理学

ネットで炎上が激化するのはなぜか?


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次