MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

プロフィール/パスワード変更

My本棚

会員登録【7日間無料】

【糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて】

インフォメーション

題名 糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて
著者 山田悟
出版社 幻冬舎
出版日 2015年11月12日
価格 858円(税込)

 

 

糖尿病だけじゃない。日本の三大死の背景に血糖異常があった!

生活習慣病が激増している。その8割を占める糖尿病、高血圧、脂質異常症は、さらにガン、心臓病、脳卒中の三大死因につながっていく。特に糖尿病とガンの密接な関係を考えると、40歳以上の3人に一人が血糖異常者という現状は危機的だ。欧米人に比べ日本人は糖質に弱い。人間ドックで見落とされる食後高血糖を防ぐには、血糖値を上げる唯一の原因、糖質(炭水化物・果物・芋・豆等)をコントロールするしかない。そのための新しい食事法がロカボだ。巷にあふれる根拠に乏しい糖質制限とは違う、最新栄養学に基づく革命的食事法を徹底解説。

引用:幻冬舎

ポイント

  • 生活習慣病のうち、糖尿病と高血圧と脂質異常症で8割がたを占めるといわれている。糖尿病に限定すると、血糖異常者2000万人。これは驚くべき数字である。

  • 我々は、昔から健康のため、カロリーは制限しなければならない、油は控えたほうがいい、と言われてきたが、血糖の上昇を抑えるためには、たんぱく質や油の摂取を増やすことが重要なのである。

  • 筆者は、低糖質を英訳した「ローカーボハイグレード」を略して「ロカボ」という言葉で、新しい糖質制限食を普及させたいと考えている。

サマリー

日本人の体に起きている異変

日本人の三大死因の根っこに血糖異常がある

今、日本人の死因は、1位がガン、2位が心臓病、3位が肺炎、4位が脳卒中となっている。

肺炎のほとんどは脳卒中の後遺症で起こっているものなので、ひとくくりにすると、ガン・心臓病・脳卒中の3つが、日本人の死につながる主な病気と考えてよい。

その3つの死因の大元に、食事、運動、喫煙、飲酒などといった日々の生活習慣が発症や進行に関与する、生活習慣病がある。

その生活習慣病のうち、糖尿病と高血圧と脂質異常症で8割がたを占めるといわれている。

糖尿病に限定すると、血糖異常者2000万人。これは驚くべき数字である。

糖尿病とはひとくちで言うと、インスリンホルモンの働きが悪くなり、血液中のブドウ糖の値=血糖値が異常に高くなってしまう病気のことで、糖尿病になるとすい臓の細胞が破壊されてしまい、インスリンが足りなくなる、もしくは完全に枯渇してしまう。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次