MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【頭のいい人の対人関係 誰とでも対等な関係を築く交渉術】

インフォメーション

題名 頭のいい人の対人関係 誰とでも対等な関係を築く交渉術
著者 犬塚 壮志
出版社 サンクチュアリ出版
出版日 2022年12月13日
価格 1,848円(税込)

 

 いつも人からナメられて悔しい思いをする人がいる一方、どんな人からも対等に接してもらえる人がいる。この違いはどこから生まれてくるのだろうか?東京大学大学院で交渉学を学び、認知科学や知能を専門に企業の人材育成業を営む犬塚壮志氏によれば、相手との対等な関係性を構築するためには「交渉力」が欠かせないという。犬塚氏の新著『頭のいい人の対人関係 誰とでも対等な関係を築く交渉術』から、どんな人とでも対等な関係をつくることができる「頭のいい人」たちが身につけている対人関係の秘訣について紹介する。

引用:ダイヤモンド・オンライン

ポイント

  • 3つのルールと5つのセオリーがあり、これが基本になる

  • 相手によって、効果的な交渉術をみにつけよう

サマリー

はじめに

3つのルール

まずは交渉において良好な対人関係を築くための3つのルールについて説明する。

ルール①

まず最初のルールは、「マインドセットから始める」ということだ。

自分が何を妥協できないのか、交渉で何を得たいのかを明確にし、敵は相手ではなく問題であるというマインドセットを持つことが重要である。

また、自分自身を交渉の達人と捉えることも大切だ。

ルール②

次に、2つ目のルールは「事前に相手の情報を収集する」ということである。

相手の価値観や交渉内容に関する情報をインターネット検索や関係者へのヒヤリングを通じて収集することが必要だ。

情報を収集することで、交渉の結果が大きく変わることもあるため、積極的に取り組んでいこう。

ルール③

そして、最後のルールは「互いの利益に注目する」ということ。

交渉において、相手との共通の利益を見つけることが大切であり、円滑に進めることができる。

相手の立場や気持ちを理解することが必要だ。

以上の3つのルールを守ることで、良好な対人関係を築きながら交渉を進めることができる。

5つのセオリー


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次