MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

プロフィール/パスワード変更

My本棚

会員登録【7日間無料】

【モノが少ないと快適に働ける 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術】

インフォメーション

題名 モノが少ないと快適に働ける 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術
著者 土橋 正
出版社 東洋経済新報社
出版日 2014年2月21日
価格 1,430円(税込)

 

 

本書は、仕事がはかどる日常の習慣と身の回りの整理術についてのアイデアを豊富に緻密に紹介。

◆誰でも今すぐできることばかり
筆者は思いついたアイデアを必ず漏らさないために、左後ろポケットにメモ帳を必ず入れておく、エマージェンシーノートとして財布に小さいペンと名刺サイズのメモ一枚を常備しておくなど。
第1章「書類、ノート、名刺など紙類の流れをつくる」では、書類、ノート、名刺、本・雑誌、仕事道具などについての使い方と整理のアイデアに始まり、捨て方、保管の仕方、時間の使い方など、具体的で斬新、しかもシンプルなアイデアばかり。

◆やる気がうまれる仕事術の本
第2章「デスク環境のミニマリズム」、第3章「ミニマリズム的時間管理」では、書類の整理や仕事をする環境、情報の整理方法だけでなく、私たちの日常行動を自分でどのように管理するか、どのようにシステマティックに考えるか明確に示し、
余計な情報や余分なものモノ、過剰なノウハウなどにがんじがらめになっている場合も、自分自身の仕事の仕方を刷新できます。

◆家族の暮らしにも大貢献
第4章「ミニマリズム的プライベートライフ」で解説しているように、仕事の世界だけでなく、家の中の片付けや学生さんの学習環境の整理・整頓にも応用できるヒントがいっぱい。家庭での生活の質の向上も大いに期待できます。

仕事もプライベートも無駄をなくし、シンプルに、生産性の高い生活をしましょう。

引用:東洋経済新報社

ポイント

  • 不要なものは削ぎ落した結果としてのシンプル

  • 快適最小限

  • 私たちは様々なインプットを通じて自分の中に残っているものだけで考え、アイデアを生み出し、企画を立てる。

サマリー

はじめに

私の仕事場のデスクには、最小限の道具、そして書類しかない。人からは、「良くこんなに少ないモノで仕事ができるね」、と言われる。一見するとただモノが少ないだけのようだが、そこには自分なりのルールがあり、それに基づいて本当に必要なモノだけに絞り込んでいるのである。

この状況を作り上げた今、つくづく感じるのは、自分自身を取り戻せたという清々しい感覚である。あなたも「ミニマリズム」、「快適最小限」の心地よさを一度味わってみて欲しい。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次