【「アタマのやわらかさ」の原理。 クリエイティブな人たちは実は編集している】

インフォメーション

題名 「アタマのやわらかさ」の原理。 クリエイティブな人たちは実は編集している
著者 松永 光弘
出版社 インプレス
出版日 2018年10月19日
価格 1,650円(税込)

 

 「アタマのやわらかさ」ってなんだろう?

クリエイターたちの柔軟で創造的な思考には、じつは共通点があります。

それは「ひらめき」ではなく、「発見」を重視していること。

そして、その発見のために、アタマのなかでたえず行われているのが情報の「編集」です。

編集的に物事をとらえ、編集的に解釈するからこそ、彼らはものの価値や意味を「ふつうではないもの」に変えることができるのです──。

数々の名だたるスタークリエイターたちの本を、15年にわたって手がけてきた広告・デザイン本編集の第一人者が、クリエイティブな思考のメカニズムを読み解いた1冊。

引用:インプレス

ポイント

  • アタマがやわらかい人に共通することは、対象となる物事だけをじっと見つめていくのではなく、さまざまな視点から見つめ、とらえ方を変えてることだ

  • よく知らない情報は、創造的な思考には上手く使えないので、「調べればわかる」情報ではなく、「調べずにわかる知識」を蓄えておく必要がある

  • 常識を疑い「自由になる」には、もとの組み合わせを変える必要がある

サマリー

「アタマのやわらかさ」の基本形

ありふれたもののとらえ方をやめて、ちょっと変わった新しいとらえ方(新しい問いかけ)ができれば、暮らしや仕事などの可能性は大きく広がる。

その変化を生みだすエンジンが、ここでいう「アタマのやわらかさ」である。

イメージとして、コロンブスの卵の話のように、常識にとらわれない人が「アタマがやわらかい」と評価される。

ものわかりのいい人、順応力の高い人のこともそういう。

彼らに共通しているのは、「視点」(切り口・アングル)で考えること。

対象となる物事だけをじっと見つめていくのではなく、さまざまな視点から見つめ、とらえ方を変えて「新しい価値」を見つけている。

「さまざまな視点から見る」というのは、「さまざまなものとの組み合わせのなかで考える」ということ。

必ずしも最初の思いつきから「やわらかい」わけではない。

いちど物事を受けとめて思いついたものを吟味して、必要に応じて考えなおすからこそ、コンスタントに「アタマがやわらかい」のである。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 

本の感想はこちら!

感想や読書記録は Summary Diary !みんなの感想もチェック!ブログ投稿であなたにファンがつくかも!?

 

絞り込み検索

SNSでシェア

当サイトでは、理解しやすいよう要約してポイントを解説しています。沢山の本をご覧いただき、響くものがあればぜひお手に取ってみてください!

目次