MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

プロフィール/パスワード変更

My本棚

会員登録【7日間無料】

【天日干し経営 元リクルートのサッカーど素人がJリーグを経営した】

インフォメーション

題名 天日干し経営 元リクルートのサッカーど素人がJリーグを経営した
著者 村井 満
出版社 東洋経済新報社
出版日 2023年9月27日
価格 1,760円(税込)

 

 人生では、未経験の環境に突然放り込まれてしまうことがある。
転校だったり、転勤だったり、出産だったり、肉親との別れなどもそうかもしれない。
人生はそんな未知との遭遇の連続だ。
プロのサッカー選手も監督やコーチも、そしてクラブ経営の経験さえもない私が、Jリーグのチェアマンに就任してしまったときのように。
未知の世界への不安を、エネルギーに変えることができたらどんなに素晴らしいことだろう。そんなときは、どのような心構えが必要なのだろうか。何かヒントはあるのだろうか。
私自身は、未経験の不安や修羅場のみならず、数多くの困難に出会う中で、何とか前向きに組織変革を進め、人生を最大限燃焼して精一杯生きようともがき苦しんできた。その中で、私の奥底に沈殿し続けていたのが「天日干し」という概念だった。

「魚と組織は天日にさらすと日持ちが良くなる」

常日頃から社内で口にしていたが私の口癖がこの言葉だ。……Jリーグで働く誰もが知る言葉だ。「天日干し経営」が組織を強くし、透明性を増していくことを伝えるキーワードだ。

引用:東洋経済新報社

ポイント

  • Jリーグのチェアマンという仕事に就いた時、54歳になってはじめて転校生になった。

  • 「サッカーという言葉が出ない街に行こう」

  • 不都合なことを隠さない。正しいことを正々堂々と実践していく。

サマリー

はじめに

人生では、未経験の環境に突然放り込まれてしまうことがある。

プロのサッカー選手や監督やコーチも、そしてクラブ経営の経験さえもない私が、Jリーグのチェアマンに就任してしまったときのように。

未知の世界への不安をエネルギーに変えることができたらどんなに素晴らしいことだろう。そんな時は、どのような心構えが必要なのだろうか。何かヒントはあるのだろうか。

私自身、未経験の不安や修羅場のみならず、数多くの困難に出会う中で、何とか前向きに組織改革を進め、人生を最大限燃焼して精一杯生きようともがき苦しんできた。その中で、私の奥底に沈殿し続けていたのが「天日干し」という概念だった。

経営や人生に、そもそも「天日干し」の生きざまが、どのような効能が期待できるのか。本書を通じて伝えていきたい。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア

絞り込み検索

目次