MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【残 照】

読むのにかかる時間 約 5 分

目次

インフォメーション

題名残 照
著者今野敏
出版社ハルキ文庫(角川春樹事務所)
出版日2003年11月15日
価格704円(税込)

登場人物

・安積係長
 ベイエリア分署。警部補。強行犯係ハンチョウ 

・速水直樹
 ベイエリア分署。警部補。高速機動隊小隊長(スープラ)

・風間智也
 高校生。黒い亡霊と呼ばれ、黒のスカイラインGT-Rを乗りまわす一匹狼、GT-R最速伝説を持つ

・柴本耕一
 紅巾団リーダー。ガンメタリックの黒フェアレディZに乗車。乱闘で吉岡を殺害。

・吉岡和宏
 18歳。ブラックシャークのリーダー

・須田三郎
 部長刑事。強行犯係 

・榊原課長
 官僚的警察官

・村雨秋彦
 部長刑事。強行犯係 

・佐治係長
 警部。捜査一課 第五班

・相良
 警部補。捜査一課  

・池谷管理官
 警視。捜査本部主任

・西野康彦
 高校生。世田谷瀬田在住

・梶典之
 18歳。無職。町田市在住

あらすじ

※一部、ネタバレを含みます。

カラーキング殺人事件

東京湾臨海署(ベイエリア分署)管内で遺体が発見された。

被害者は吉岡和宏、18歳。

ブラックシャークのリーダー。

現場に凶器はなく、ナイフ形状と材質をもとに、地どり捜査が始まる。

安積は、榊原課長から「交通機動隊が逃走車を追っている」と聞き『黒のスカイラインGT-R』の目撃情報を得る。

車の持ち主が風間智也と知った交機隊ヘッドの速水は、「風間が容疑者なのは本当か?」と安積に訊ねた。

速水は「札付きだが、後ろから刺すような奴じゃない」と言い切った。

『カラーキング殺人事件』の帳場が立ち、安積は速水の抜擢を懇願した。

速水は「風間は東関道や湾岸線に出る一匹狼。グループに属さずGT-R最速伝説をもつ」と池谷管理官に伝えた。

黒い亡霊

安積は速水のスープラに同乗し千葉県警の中島に会った。

中島は「風間は『黒い亡霊』と呼ばれ一度も検挙はない。後ろから刺す奴じゃない」と速水と同じコメントだった。

一方、本部内で須田が作成した報告書には「車は黒だが、GT-Rではない」と別の目撃証言があった。

安積は、目撃者二人を再聴取しようと思い立つ。

一人目の目撃者西野は高校生。警察には反抗的だが、安積の質問に「ガンメタリック黒のフェアレディZ」と答えた。

二人目の梶は18歳。ブラックシャークの乱闘相手は紅巾団。「黒っぽい色で、ガンメタのZ」と証言した。

風間の素顔

「黒のスカイラインが東関道を成田方面へ逃走」の連絡に速水は交機隊車両スープラで向かった。

高速道路一帯を巻き込み、追いつ追われつの攻防。GT-Rはつくば方面へ逃走した。

つくば山峠越えで風間は料金所突破しアクセル全開。

速水はタイミングをみて一気に抜くが、GT-Rは対向車すれすれに抜き返すと、カーブの待避帯で停まった。

車から現れた風間は、「顔と名前を知りたかった。僕は殺していない」と告げた。

重要参考人扱いの風間は、きゃしゃな印象だが余裕もあり、委縮することなく淡々としている。

捜査本部は、あくまでも風間が容疑者と決めつけ、送検には自白が欲しいと池谷管理官は言った。

しゃべらない風間に、『吉岡が倒れた先を風間が駆けていった』と紅巾団リーダー柴本耕一の証言を伝えた速水は、「誰が味方で誰が敵か、わかるはずだ」と説き伏せ、「黒のガンメタのフェアレディZ」に触れた。

表情が一変した風間は「吉岡をやった奴のガンメタZを追った。後ろから刺した奴は許せない」と口を開く。

風間のでっち上げを疑う安積に、「奴はちゃんと判断した。誰が味方か――」と速水は言った。

真犯人

速水と安積は再び、西野を問い詰めた。

ガンメタZは紅巾団の柴本耕一だった。

「あなたの供述が風間を救う」と安積は梶を説得した。

「吉岡が柴本の女をレイプしたのが乱闘のきっかけ……ガンメタZは柴本の車」と供述した。

本部の相良たちは、風間の容疑を変えなかった。

自宅に向かった捜査員から「柴本逃走」の連絡。

風間送検を唱える相良たちに、須田は「ナイフリストで柴本も調べたらどうか」と提案し、村雨は「抗争事件の前提を取っ払ったらどうか」と援護した。

柴本容疑に傾く雰囲気に、頷くしかない池谷管理官だった。

柴本が同一ナイフを購入したことが判明し、吉岡が柴本の女に手を出した件も事実と分かった。

柴本確保に方針が替わり、風間は道交法違反の取り調べに替った。

風間は「会えてよかった」と速水たちに言い残して送検された。

奴らしい精一杯の感謝の気持ちだと速水はつぶやいた。 

真実と正義

三鷹署の住宅街で路地駐車の「ガンメタZ」が発見された。

車内のルミノール反応は被害者の血痕と一致した。

柴本の手がかりをつかめない捜査本部に、速水は「別れた女を見張ったほうがいい。マル走にとって車が何より大切だ」と示唆する。

須田は「餌をまくんですね」と反応し、ガンメタZを三鷹路駐に戻し監視することを提案をした。

やがて三鷹路駐場所に現れた柴本を速水たちが挟み撃ちにし、相良が柴本に手錠をかけた。

取り調べに、柴本は落ち、送検された。

「もう黒い亡霊はあらわれない気がする」と話し、速水は原隊に戻った。

達成感と同時に一抹の寂しさを安積は感じた。

落着後、安積は速水を飲みに誘った。

見事な夕映えのなか『ゆりかもめ』駅に向かう途中、GT-Rと風間がいた。

「もう摘発されることはない。あんたたちに敬意を表している」と言う風間は「走り屋は卒業」と告げた。

「黒い亡霊は出ないのか」と訊ねる速水に「急に冷めちまってね」と風間は答え、医大を目指すと口にした。

若者の心境に戸惑う安積は、しばらく忘れていた娘のメールを思い出す。

ライターのコメント

警察が手を焼き、一度も捕まえられない伝説ヒーローの風間が容疑者に仕立て上げられた。

速水は、風間を容疑者と決めつけていた安積に、先入観は禁物だと言い、不良グループの習性や感情を説いた。

権力や警察に楯突き鬱憤を晴らす少年たちの行為に、速水の見方、考え方は自然ですばらしい。

人がどう行動するか冷静に見る速水にも、同じような時期があったのではないかと想像できる。

安積のフェアな精神、正義心に人間的味わいがみなぎり、その勇気に感動だ!

親身になって少年の思いを聞き出そうとした行為が、供述を引き出し、信頼を勝ち得た瞬間はホッとした。

スリル満点のつくば山ラリー。

白熱する速水のハンドルさばきは映像を観ているようで爽快だ。

多くを語らない速水と安積には大人の心意気を感じ、言葉に無い友情が滲み出ていた。

「二人とも警察官だ。それもとびきり優秀だが、大人になり切れないでいる」と速水の言葉は、今の大人にもピンときそうな一言だ。

SNSでシェア

絞り込み検索

目次