MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【東京改造計画】

インフォメーション

題名 東京改造計画
著者 堀江貴文
出版社 幻冬舎
出版日 2020年5月30日
価格 1,540円(税込)

 

 

7月の都知事選を前に東京都への緊急提言。
経済、教育・社会保障、コロナ対策、都政、未来の生き方について37の東京改造計画を訴える。
このままでは、この国も東京も終わる。
今こそ、未来のために、立ち上がろう。

東京都への緊急提言37項

第一章 経済
1.本当の「渋滞ゼロ」
2.ETCゲートをなくす
3.パーソナル・モビリティ推進都市に
4.満員電車は高くする
5.切符も改札機もなくす
6.現金使用禁止令
7.東京メトロと都営地下鉄を合併・民営化する
8.Uber解禁
9.東京の空が空いている
10.江戸城再建
11.VRライブのインフラを整える
12.足立区は「日本のブルックリン」に生まれ変わる
13.築地・豊洲市場改革案
14.築地市場跡地のブランド化
15東京オリンピックはリモート競技に

第二章 教育・社会保障
16.オンライン授業推進
17.紙の教科書廃止
18.学校解体で子どもを解放する
19「.正解」を教えない教育
20.大麻解禁
21.低用量ピルで女性の働き方改革
22.健康寿命世界一をガンガン延ばせ
23「.ジジ活」「ババ活」で出会い応援
24.東京のダイバーシティ

第三章 新型コロナウィルス対策
25.ストップ・インフォデミック
26.経済活動を再開せよ

第四章 都政
27.今こそネット選挙を導入せよ
28.QRコードで投票できる
29.記者会見なんてオンラインで開けばいい
30.都職員の9割テレワーク化
31.英語の公用語化で国際化とインバウンド推進
32.東京都のオール民営化

第五章 東京を世界一の暇つぶし都市に
33「.妖精さん」のリストラ計画
34.遊び場を増やすそう
35.限りなく生活コストを下げる
36.人生100年時代のコミュニティ
37.都民限定の無料オンラインサロン

※本書は、特定の政党や候補者を支援することを目的とするものではありません。また、特定の政党や候補者とは関係ありません。

引用:幻冬舎

ポイント

  • コロナウイルスの流行は、負の側面が目立つ。しかしテレワークやキャッシュレス化のような、「オンライン化」を推進する世の中の流れが徐々に出てきている。これは新型コロナウイルスのおかげで、世の中に徐々に浸透してきているといっても過言ではない。「今までとは違った働き方でも仕事をこなせる」と気付いている人も多いはずだ。

  • 本書は、経済、教育・社会保障、コロナ対策、都政、未来の生き方について37の東京改造計画を訴えている。

サマリー

はじめに~これからの東京都民の生き方~

日本は、首都である東京都が変わらないと何も始まらない。

日本には今、大きく変わるチャンスが訪れている。その背景にあるのが、新型コロナウイルス感染症の大流行だ。

新型コロナウイルスの世界的な流行は、世界経済に大打撃を与えるとともに、多くの死者を出した。

今なお感染者を増やし続け、世の中は自粛ムード真っ只中だ。このような状態だと、多くの人は負の側面しか見ることはできないと思いがちだ。

しかし、テレワークやキャッシュレス化のような、いわゆる「オンライン化」を推進する世の中の流れが徐々に出てきている。

これは新型コロナウイルスのおかげで、世の中に徐々に浸透してきているといっても過言ではない。

「今までとは違った働き方でも仕事をこなせる」と気付いている人も多いはずだ。

オンライン化を前提に、世の中はどうあるべきか、我々はどういう未来を迎えるべきかを改めて考えなければならない。

日本が今すぐ変えるべき仕組みは、日常にたくさん溢れている。

「仕事」の仕組みを変える

新型コロナウイルスの影響で、テレワークやリモート会議が浸透しつつある。

しかし、それだけでは甘い。「通勤」にもメスを入れるべきだ。

変えるべき仕組みは「渋滞」と「満員電車」である。


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次