MENU

ホーム

ログイン

ログアウト

My本棚

会員登録【7日間無料】

【考え続ける力】

インフォメーション

題名 考え続ける力
著者 石川善樹
出版社 筑摩書房
出版日 2020年5月7日
価格 836円(税込)

 

 著『問い続ける力』は、「考える」ためには「問う」ことが不可欠だという一冊だったが、この本ではいよいよ「考える」ことそのものを追求していく。まずは著者自身が目標とする「創造性のスタイル」を明らかにする。さらに、安宅和人、濱口秀司、大嶋光昭、小泉英明、篠田真貴子との対談を通して、「考え続ける賢人」たちの頭の中を見せてもらう。知的刺激に満ちた「思考シリーズ」新書の第2弾。

引用:筑摩書房

ポイント

  • Think Differentは多くの人が同じようなことを考えているなら、それと違うことを考えるという意味だ

  • 「発想」ということを、脳科学的に考えると、アイデアの量をとにかく出すときに活性化する「直感」、アイデアを3つに絞るような際に効果的な「大局観」、最後に絞られた内容を一つに決める際に用いる「論理」の3種類に分類することができる

  • 価値は、考えたことを「実行する」ことで初めて見出せる。限られた時間の中で価値を出すためには、考える時間を極力減らし、実行するために時間を使う必要がある

サマリー

イノベーションの技法−創造的に考える=Think Different

Think Differentは多くの人が同じようなことを考えているなら、それと違うことを考えるという意味だ。

日本では、多くの日本人が同じような考え方をしており、それと違うことを考える(Think Different)のはさほど難しいことではないが、多くの人が海外では違う考えをしていることが当然である。

考え方がそれぞれ違うということが前提としてある中で、さらに違うとはどういうことか。

この問いは現在、ビジネスが置かれている状況とも似ている。

多種多様な商品が世の中に溢れる中で、新しい商品を生み出すためには、Think Differentが求められる。

創造性とは

「創造性とは、却来の境地に達すること」である。却来とは、簡単に言えば「ある物事を新しくし、質を高めた後、また古くする」ということである。この「却来」こそが日本版創造の究極スタイルなのである。

創造性=f(Novelty, Quality)

Noveltyというのは「新しさ」、Qualityとは「質」のことである。

創造性には「新しさ」と「質」という2つの変数によって定義ができる。却来もまた「新」と「質」というキーワードが入っている。創造的に考えるとは何か伝えていく。

どう考えるか


続きを読むにはログインが必要です。
新規登録はこちら(7日間無料) 
SNSでシェア
  • URLをコピーしました!

絞り込み検索

目次